西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/10/31(土)

[]何故急がなければならないのか? 15:13 何故急がなければならないのか? - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 何故急がなければならないのか? - 西川純のメモ 何故急がなければならないのか? - 西川純のメモ のブックマークコメント

 しつこく書きます。

 小中高の先生方は教え子の一生を台無しにするか否かを決めていることを分かって欲しい。

まずはエリートに関して。

 今後のトップ大学はアイビーリーグ化するために、アイビーリーグの試験をします。つまり高校3年間の過ごし方を評価します。つまり、高校1年の段階からきらりと光るエビデンスを積み上げなければならない。つまり高校の先生方は、トップ大学に「この生徒はひと味もふた味も違う生徒です」と売り込むには何が必要かを知っていなければならないのです。そして、子どもは高校1年からそれに向かって行動する。つまり、中学校の段階で育っていなければならない。つまり、予備校の教師みたいに入試問題の傾向と対策に長けているだけでは駄目なのです。

 さて、そんなことに対応しなければならない高校はどんなことをするでしょう。大学と同じことをします。つまり、中学1年の段階からきらりと光るエビデンスを積み上げなければならない。つまり中学の先生方は、トップ高校に「この生徒はひと味もふた味も違う生徒です」と売り込むには何が必要かを知っていなければならないのです。そして、子どもは中学1年からそれに向かって行動する。つまり、小学校の段階で育っていなければならない。つまり、予備校の教師みたいに入試問題の傾向と対策に長けているだけでは駄目なのです。

 さて、こんなことを公立の高校・中学校が対応するわけない。対応する私立との差は悲惨な状況になります。そうなってから県教育委員会が指導します。つまり、その間に公立学校に進学する子ども達が悲惨です。エリーとなる機会を奪われるのです。

さて非エリートに関してはどうでしょうか?

 中学校の先生方は、とにかく進学させようと必死です。ただ、進学先のイメージは現状の雇用社会と一致しないモデルで進路指導します。結果として、トップ高校の次、次の次の学校に進学させるでしょう。でも、卒業しても就職先が無い。そして非正規雇用に流れる。その子達が悠々と合格できる職業科高校に進学させれば正規雇用になったのに。

 中堅高校の先生方は、とにかく進学させようと必死です。ただ、進学先のイメージは現状の雇用社会と一致しないモデルで進路指導します。結果として、偏差値60以下の大学に進学させるでしょう。でも、卒業しても就職先が無い。そして非正規雇用に流れる。そして奨学金という借金のために自己破産する。その子達が悠々と合格できる職業科高校に進学させれば正規雇用になったのに。そして、数百万円の借金を背負わなくてよかったのに。

 そして、全ての子ども達の未来。

 圧倒的大多数の子どもは非正規雇用になるか、正規雇用になったとしても中高年までに倒産の憂き目になる。さて、そこで再雇用されるか否か、生活保護を受けられるか否かは、仲間を持っているか否かなのです。ところが、その視点で教育を考えられる教師が圧倒的に少ない。

 私は餓死、孤独死の可能性のある子どもの数は、2割から3割と見込んでいます。実は、今の20代もその程度ですから、今の子ども達の半数はそうなるかも知れません。

 ま、大げさなことを行っていると思う人が大部分でしょう。でも、そう思う人は、各種の雇用統計を調べてください。そして、日本のGDP予想も。でも、見ないだろうな~。人ごとだから。きっと、自分の子どもや孫がその状態になったとき気づくのでしょう。そして、自分は無罪で、政府の無策を呪うのでしょうね。

FlipperKFlipperK2015/10/31 09:01岡山の会のご紹介、ありがとうございます。