西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/10/15(木)

[]フリースクール 07:08 フリースクール - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - フリースクール - 西川純のメモ フリースクール - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今の教育で見捨てられているのは、成績下位の子どもばかりではなく、成績上位層も見捨てられています。

 タブレット端末、ネット利用を自由にするフリースクールで、十分な子ども集団を確保できれば、賢い保護者は子どもをそこに入学させるでしょうね。少なくとも都市部では十分成り立つ。

 そして、そのフリースクールが灘や開成を超える東大入学者を育てたら・・・

 学校教育法等とのからみで法整備はかなり困難だと思います。しかし、多様になることはいいことです。フリースクールの問題点はあったとして、では、今の学校に問題は無いのかと私は言いたい。私の高校の教え子には、中学校3年間の登校日が3日の子がいました。その子は中学校の課程を修了認定されているのです。そんな学校に、フリースクールをとやかく言える権利はない。

 真実を多分に含んだ笑い話です。

 ニューヨークの医者がストライキをしたそうです。ところが、自主的にストライキをやめました。

 実は、ストライキ期間の死亡率が低下したという統計結果が出てしまったのです。これ以上、ストライキを続けると、この事実が広く認識されます。それを知られることを恐れたため医者は自主的にストライキをやめたのです。

 外圧を受けない限り、今の学校は変わりません。だって、日本最大の組織なのですから。

http://www.asahi.com/articles/ASHBF5GN6HBFULFA022.html

追伸 実際にあったことです。特別支援の認定を受けていない(正確に言えば判定を受ければそうで無いと判定される子)子どもの保護者が、我が子に特別支援の学級に入れて欲しいと学校に願ったそうです。何故なら、普通学級より成績が上がるからです。

 その話を聞いて、笑い、そして、納得しました。何故なら、特別支援学級の教師の実力を知っているからです。その教師が二三人の子ども相手に教えたならば、もの凄いことが起こります。だって、知的な障害が疑われる子どもの方が通常学級より成績が上回ることをやらかしてしまっているのですから。