西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/10/11(日)

[]行政文書 06:46 行政文書 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 行政文書 - 西川純のメモ 行政文書 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 法令文書は明確に書かれています。同じ公文書ですが行政に関わる文章曖昧な部分を持たせています行政文書には政治的妥協産物ですから

 それ故、行政文章は世に出たとたんに政治闘争の道具となり、変質します。

 最近、「アクティブ・ラーニングをやるって言っても、全部とは書いてないでしょ。」といって、今まで通りの授業の中に少し取り入れればセーフであるということを言う人や組織があることを知りました。ま、想定の範囲です。

 下村大臣諮問http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1353440.htm)を読めば、それは屁理屈であることは明白ですが、ま、確かに全部やれとは書いていません。

 アクティブ・ラーニングを推進したい立場の人、それをうやむやにしたい人の両方がこれから長い政治闘争に入るのです。さて、この政治闘争においての勝負行政文章を読み込むことが大事です。どこがポイントであるかを抑えれば、「とは書いていないでしょ」というレベルのものを潰すことは可能です。でも、もう一つあります行政文章を生み出した上位の目的は何かを見極めることです。それに一致させる言動をする人が結局勝ちます。だから、「とは書いていないでしょ」レベル言葉遊び勝負する人は相手にする必要はありません。アクティブ・ラーニング少子高齢化日本の生き残り策なのです。今まで通りの授業では生き残れませんから

 ちなみに私が学内政治での勝率が非常に高いのは、教員養成大学が求められていることは「大学院の定員充足」と「教員養成・再教育であることを知っているからです。だから、「その人を目当てに大学院入学する現職教員、学卒生が多く、後者に関して教員採用率が高い人」は学内において強いからです。少なくとも権力を持っている人は、その様な人を求めていますから

 何を言いたいか。同志の皆さん、言葉遊び議論をする人と同次元の戦いはやめましょう。分かりたくない人に分からせることは無理です。中高の同志の方は進学実績を上げて下さい。そして、小中高の同志の方は、アクティブ・ラーニング意味子ども保護者に伝えて下さい。保守的学校教師を変えるには外圧しかありません。

 今の教育を維持することにメリットがあるのは変わりたくない教師だけなんです。今は1対10の戦いをしているかもしれません。でも、学校の外の人を巻き込めば、200対1でこちらが有利です。(日本人口は1億3千万人で小中高の教師は70万人ですから