西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/10/10(土)

[]WOM 21:53 WOM - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - WOM - 西川純のメモ WOM - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ROM(Read Only Member)という言葉がネットであります。情報発信をせず、情報受信のみの人です。

 一方、私はWON(Write Only Member)です。つまり、情報発信はしますが、情報受信を積極的に発信しません。

 今から三十年前に教師になったとき、自らに課したことがあります。それは、公平であれ、です。教師として目の前にいる子どもたちを知れば知るほど、一人一人が必死に生きていることを感じます。その全てに応えたいと思います。が、そんなのは無理です。しかし、出来るだけそれをしなければならないと思いました。だから、公平であろうと思いました。しかし、教師も人の子です。相性の合う子もいれば、そうで無い子もいます。いや、嫌いな子もいます。そして、物理的に関わる時間の多い子もいれば、少ない子もいます。その中で公平であらねばと思うならば、関わる子に対し全てに濃密な関係を結ぶより、濃密な関係を出来るだけ制限し、疎遠な関係を意識的に補うべきと思いました。私が高校教師であったとき、子どもの名表を教卓に置き、「おい」とか「や~」レベルでも何か一言でも子どもに声をかけることを自らに課しました。そして、その度に名表にチェックをしました。その結果分かったのは、「おい」とか「や~」レベルであっても、全ての子どもにそれをやることはとても大変であることです。そして、なおさら、関わる子に対し全てに濃密な関係を結ぶより、濃密な関係を出来るだけ制限し、疎遠な関係を意識的に補うべきと思いました。

 私はFBで1400人の人と繋がっています。もう一つのブログには毎日、三千ヒットがあります。だから、WON(Write Only Member)にならざるを得ないのです。私は決して公平な人間ではありません。その自覚があるから、自らにルールを課す必要があるのです。

 冷たいと思うかもしれませんが、数千人の方々に公平であることを自らの課していることをご理解下さい。

追伸 上越までおいでいただけるほどの、時間とお金を投資していただければ、それに見合ったことはします。また、メールに対しては、不誠実な対応をしたことは一度もありません。かなり不誠実で、無礼な人に対しても、我慢して対応しています。