西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/10/05(月)

[]高校教師のためのアクティブ・ラーニング 05:54 高校教師のためのアクティブ・ラーニング - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 高校教師のためのアクティブ・ラーニング - 西川純のメモ 高校教師のためのアクティブ・ラーニング - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「高校教師のためのアクティブ・ラーニング」(東洋館)を全部読み直しました。不覚にも、何度も涙が流れました。原稿の段階で読んでいたものであっても、本となって読み直すと涙が流れます。

 私の担当のところに比べて、各教科の先生方の書かれた部分の方が段違いに「いい」と思います。

 何故涙が流れたか。

 教師としての喜びは、大学教師より高校教師の方が多く得られます。そのことは大学教師に代わってから思い知らされました。毎日、「何で俺は大学に異動してしまったんだ」と酒を飲むたびに悔やみました。しかし、しょせん私は教師として子どもの業に正対できる能力は無かった、と納得して諦めました。

 本に関われている実践者の文章を読むと、「そう、高校の教師はそうだよな」と思いだし、「あ~この世界を出て行ってしまったんだな~」と思うと涙が出ます。

 しかし、もう一つの涙もあります。

 本に書かれている教師の喜びは、私が高校教師だったときに得ていた喜びとは次元が違います。私が授業中に得た喜びとは、子どもたちを私が思ったとおりに動かしたときの「私」に対する喜びです。しかし、本で書かれている授業中の喜びは、自分の想定していない子どもの姿であり、それによって子どもが成長していることに対する喜びです。

 それを感じるとき、悪気はなかったが、高校教師時代に犯した過ちの罪滅ぼしの一部が出来たのではないかと思うと涙が流れます。