西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/09/30(水)

[]支え合う 06:33 支え合う - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 支え合う - 西川純のメモ 支え合う - 西川純のメモ のブックマークコメント

 この事例とは違いますが、かつてやった研究です。

 班の中での作業を記録分析しました。班の中には相対的に能力の低い子がいます。最初はリーダー格の子どもがサポートします。しかし、1ヶ月ぐらいで嫌になってきます。そうなると、遠回しな愚痴、ハッキリとした愚痴、非難となります。そして、仕事の分離をします。つまり、あなたはこれをやって、私はこれをやるというふうに協働を拒否するのです。やがてその子はいたたまれなくなり、授業中は別な班の中にまじります。さて、相対的に仕事の足を引っ張っていた子がいなくなったらどうなったか?リーダー格以外の子も別な班に言ってしまったのです。何故か、長い間、攻撃しているリーダーの姿を見ていたので、攻撃の対象がいなくなれば次は自分と思い逃げたのです。

 ところが最後まで良好な班もいます。その班はリーダー格の子が最後まで能力的に低い子をサポートし続けました。

 さて、二つの班の違いはどこでしょうか?

 一見、リーダー格の子どもの性格のようです。

 違います。

 この研究をした人は現職教員で、攻撃した子たちもサポートした子たちもしっています。どの子も良い子で差は無いと感じました。

 そこでリーダ格、また、相対的に能力の低い子以外の子どもの行動を調べました。その結果、そこに差がありました。サポートするリーダーの班の場合、リーダー以外の子も、少しはサポートしていました。ところが攻撃する班の場合は、リーダーだけがサポートしていたのです。

 以下の事例では管理職だけの問題のようです。しかし、この事例の場合も、退職に追い込まれた人を周りの人がサポートしなかったのが問題です。そして、その様なことが起こったのは、管理職の問題です。「一人も見捨てない」ということを経営の根幹に据えていないからです。

 多くの異学年学習は失敗し、『学び合い』の異学年学習は成功するポイントは、ここにあります。つまり、多くの異学年学習は最高学年のみにお世話係を期待します。しかし『学び合い』ではみんながみんなを支えることを期待します。

 このあたりは『学び合い』を分かっていないと、分かりづらいかもしれません。

http://news.livedoor.com/article/detail/10625550/