西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/09/26(土)

[]やりたいこと 21:40 やりたいこと - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - やりたいこと - 西川純のメモ やりたいこと - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は東信の会とスカイプで繋いだ。その会では、自主的な『学び合い』受験勉強をしているその地域のトップ高校の生徒の様子を見て、コメントすることです。『学び合い』の様子を見て、質問を受けました。実に良い質問ばかりです。その中に「これから西川先生が本当にやりたいことは何か?」ときかれました。

 私の返答は以下の通りです。

 『君たちはどんなになれば幸せになれるの?そもそも幸せって何?おそらく、君らは何も語れない。それは君たちの責任ではないし、私もそうだった。とりあえず、中卒より高卒、高卒より大卒、同じ高校、同じ大学だったら偏差値の高い方がいい。そう思って君らは今の高校に進学し、今、受験勉強をしている。でも、「中卒より高卒、高卒より大卒、同じ高校、同じ大学だったら偏差値の高い方がいい。」というのは本当だろうか?確かに君たちが大学に入るときはそれでも良いかもしれない。しかし、君らが大学を卒業した後の世界はどうかわからない。私がこれから本当にこれからやりたいことは、子どもたちに「君たちの幸せとは何か?」と教師が問いかけ、子どもたちにじっくりと考えさせられる教育、社会をどのように実現するかなんだよ』

 授業方法としかアクティブ・ラーニングをとらえられず、子どもたちの幸せを抽象的に考えるのが不易なところを守る人の現状です。それは分かる。でも、子どもの幸せをリアルに考え、リアルに自分で出来るために様々な情報を自ら収集し、考えられる教師も必要です。多くなくても良い。2割は必要です。

 ある子どもは将来は教師になりたいと言いました。子どもたち全部が興味関心を持てる授業は実現できるかを聞きました。セオリー通りのことをしゃべりました。その後、「君たちが教壇に立つころには、今よりもそれがやりやすい状況をそこにいるお兄さん・お姉さん(ゼミ生たち)が実現するよ。まっててね。」と言いました。そして、そこにいるゼミ生達に結果を出すことを求めました。

 私にとっては普通ですが、多くの状況では異次元の時間が流れたのだと思います。

追伸 これを読むであろうゼミ生に向けて。自分が果たすべきミッションが明らかになるにつれて、私の術中に陥るのです。それは逃げられない。大丈夫。ゼミを卒業・修了すれば、普通の世界が広がっています。でも、その世界はドンドン変わっていきます。何故ならば、あなたと同じように、あなたの後輩が変えているから。