西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/09/26(土)

[]無矛盾 07:27 無矛盾 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 無矛盾 - 西川純のメモ 無矛盾 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ちょっと見には矛盾していることをゼミ生に求めます。一つは「日本を変えろ」で、もう一つは「家庭を持ち仲良く過ごす」ことです。しかし、私は矛盾を感じません。私の場合は互いが支え合っています。

 私は「日本を変える」ことに関して家族を犠牲にするつもりは全くありません。でも、日本を変えることは出来ると思っています。それは、ごく小さいことで日本は変えられるからです。ただし、毎日やり続けること、みんなと一緒にやることと、これがポイントです。

 昨日のゼミで、ゼミ生に「自分の出来ることは何か?」と聞かれました。私は情報発信することをまず求めました。ゼミ生に同級生、同僚でブログで情報発信している人が何人に一人かを聞きました。その結果、二十人に一人もしくは五十人に一人であると答えました。ということは、ブログで情報発信することは二十人、五十人分の影響力があるのです。ただし、それを読んで貰えなければなりません。読んで貰える最大のポイントは、毎日、更新するということです。これが言うは易く行うは難しです。私は、これを自分に課している。なお、このようにその時その時の自分の考えをまとめ、ブログに記録しているので、まとまった文書を書くのが容易いのです。だから3日で本1冊の原稿を書ける。というのは、そのタネとなる文章がブログ上で保存されているからです。

 第二に、いっしょにやることです。人は大抵それが出来ます。ただし、ホモ・サピエンスが持っている対人能力は肉親・自分が所属している群れに対しての能力です。だから、物理的に会える距離の人との対人能力はトレーニングも意思の力もいりません。しかし、物理的に会えない人とつきあえるにはトレーニングも意思の力も必要です。何が必要か。ごく普通の誠意をやり続けることです。メールで聞かれたこと、依頼されたことに関して、無理のない範囲のことを「速やか」に対応することです。そして、遠方の人とも物理的に会う機会を設けます。

 その結果として、私は47都道府県の中で「仕事をお願いできる人」が38都道府県にいます(今、指を折りながら数えました)。これは『学び合い』の同志の中ではトップだと思います。10以上の都道府県に「仕事をお願いできる人」は『学び合い』の同志の中で何人いるでしょか?拡大解釈しても5人ぐらいだと思います。私はそれが100人以上になって欲しいと思っています。

 その地区の『学び合い』の会を開くのであれば、広域のネットワークは必要ではありません。しかし、今、『学び合い』は次のステージに進みつつある。例えば本にしても、様々な教科、学校段階、トピックスの本を企画するには日本中に広がるネットワークが必要です。それを持っているのがごくわずからだから、私が何でもかんでもやらねばならないのです。色々な方がそれが出来が出来るようになれば、『学び合い』本はもっと豊かに深くなると思います。それはシンポジウム・研究会も同じです。

 学生には、「毎日、ブログを書き続けること」、「色々な地域の人とつきあえること」の二つをすることを勧めました。そして、「私が無理なことを言っている?」とにやりと言いました。

http://goo.gl/XoNnVs

追伸 ま、ダイエットに関して「やり続ける」ことは出来ません。出来ていたら、スリムになっています。