西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/09/22(火)

[]非効率 19:47 非効率 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 非効率 - 西川純のメモ 非効率 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 休みの日は受験生の息子を研究室に缶詰にします。その度に思います学校にいる時間が一番勉強にならない。この缶詰が一番勉強になると思います

 慌てて付け加えますが、息子のお世話になっている学校先生方の授業能力は、かなり、かなり高いと思います授業参観に行くとそう感じます。明るいしい、教材研究はしっかりしているし、工夫もされています。見事です。が、それでも非効率です。

 人の話を聞くよりは読む方が早い。それも自分に合った問題集を徹底的に繰り返すことが効率が良い。そして、自分に合った参考書を読めば良い。ある方が本に書いておりましたが、予備校・塾の授業は非効率です。それは名人講師と言われる人でもそうだと思います自分に合った参考書問題集自分のペースで繰り返すことが一番効率が良い。

 私は英語は大嫌いでした。高校2年の冬に初めて校外模試を受けました。偏差値は27だったのです。愕然しました。慌てて中学校から高校までの教科書の裏にある単語表で私が知っている単語確認しました。「a」「the」を含めて100もありませんでした。これでは27もしょうがありません。そこで奮起して勉強しました。半年間で偏差値60を超えることが出来ました。私の5年の英語の授業より半年学習の方が効率的です。

 どう考えても今の一斉学習は非効率です。特に学習能力のある子どもにとっては壊滅的です。

 ふと思います。そのうち中高一貫校進学校の子どもが気づくのではないでしょうか?結局、学校提供できるのは質の高い授業ではないことを。そんなのだったら自分たちの自習の方が効率が高い。いわゆる進学校提供できるのは、質の高い同級生であることに気づきます。そうなったら、保護者フリースクールを立ち上げ、いっしょに勉強させるのです。

 もしかしたらダイヤモンド社東大合格ランキングで、フリースクール出身大検東大受験した人が開成や灘を超えるかもしれません。可能性のある妄想だと思います

追伸 そのため遠方から出張に戻ると、その足で息子を大学拉致します。