西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/09/20(日)

[]違い 19:45 違い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 違い - 西川純のメモ 違い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「やったふりアクティブ・ラーニング」と『学び合い』のアクティブ・ラーニングの違いはどこで判断したら良いでしょうか?

 簡単です。「やったふりアクティブ・ラーニング」はアクティブ・ラーニングの授業をすること自体が目的になっています。アクティブ・ラーニングによってどのような子どもに育てるかという視点がありません。あったとしても、その授業でどのようなことが起こるかに終始しています。その授業の積み上げによってどのようなものが育つのかがありません。

 教師は子どもを大人にするのが仕事です。板書したり、発問したりするのが仕事ではありません。しかし、子どもを大人にすることを放棄し、板書したり、発問したりするのが仕事になってしまっている。

 もし、アクティブ・ラーニングが子どもを大人にする授業であれば、それは大人に置き換えられるはずです。例えば、アクティブ・ラーニングに「これこれの手立てが大事だ」と言う人に私は問いたい。「じゃあ、そのことを校長があなたにしたらどう思いますか?」と。そんなことをしたら、まず嫌な気持ちになるし、自分の頭を使いづらくなるし(つまり主体的になれない)、人と自由に関われなくなる(つまり協働的になれない)。おそらく、「子どもと大人は違う」と言うでしょう。それならば、「確かに違います。では、あなたの手立てと、大人の手立てをどのように繋ぐのですか?それを具体的に語って下さい。そして、その途中過程を小中高のどの段階でどのようにやるのですか?それを具体的に語って下さい?」と問います。しかし、語れないでしょう。だって、繋ぐつもりなんてないのですから。