西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/09/01(火)

[]大人2 18:02 大人2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大人2 - 西川純のメモ 大人2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 大人に育て、有能な社会人に育てる方法は一つしかありません。

 まかせ、失敗させ、乗り越えさせる。

 です。

 その際のリスク管理は、「死なない」、「怪我しない」、「心に傷を与えるような人権侵害は許さない」の3つだけでいいと思います

 その日その日の課題が達成したかしないかで一喜一憂することはありません。中長期で考えましょう。一人で乗り越えられない人はいます。そこで必要なのは直接手助けすることではなく、互いに支えるチームを維持することです。そのために高い志のミッションを与え、語り続けること。それが教師であり、管理職仕事です。

 と私は思っているんだけどな~。

 でも、多くの人は、細かい手立て、手順、課題で何とかしようとする・・・

[]大人 17:44 大人 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大人 - 西川純のメモ 大人 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私には当たり前すぎることが、多くの人には分からない。それが歯がゆい

 教育子どもを大人にすることです。そしてアクティブ・ラーニングは有能な社会人にすることだと思っています

 だったら、色々と細々した仕掛けをアクティブ・ラーニングに組み込もうとするのだろうか?私には、そこから育てられる子どもと、有能な社会人とを繋ぐ線が見えないのです。おそらく、繋ぐつもりが無いのだと思います

 自分の現状は見えるけど、達成すべきものが見えていない。

 二十年後、三十年後、四十年後の子もの未来と今を繋ぐにはどのようなヴィジョンがあるか?それが見えないアクティブ・ラーニングアクティブ・ラーニングではないのに。

 今までは学校が二十年後、三十年後、四十年後の子もの未来を考えずにいても、企業が二十年後、三十年後、四十年後の子もの未来を考えていた。しかし、終身雇用が崩れる今後は企業ではなく学校責任です。

 大学企業養成機関じゃないという理屈は分かります。でも、考えて欲しい。

小学校中学校でしょと、思い。中学校高校でしょ、と思い。高校企業大学でしょ、と思い。大学企業でしょ、と思う。そして、今、企業が「それは私の仕事でない」と言いだしたら、だれが二十年後、三十年後、四十年後の子もの未来を考えるんだ、と言いたい。少なくとも企業は育てる義務はない。しかし、学校には義務があるのです。

[]責任 11:56 責任 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 責任 - 西川純のメモ 責任 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある人からあるシンポジウムのことを聞きました。そこでは来たるべき社会対応するために、社会企業)で必要とされる能力をいかに大学が与えるかという実践が報告されたそうです。その後に、高校生が「大学勉強のやりたい人が行くところで、仕事に就くために行くところではないと思う。大学をどんなところだと思いますか?」(伝聞なので正確ではありません)と質問したそうです。

 で、西川先生だったらどう応えますか?とあるから聞かれました。私ならば以下のように応えます

 「君のように自分の学びたいことを学ぶために大学に行く人もいる。でも、就職するために大学に行く人もいる。そのような人のためには、企業必要とされる能力を確実に学べる大学必要だと思う。だから、君のように自分の学びたいことを学ぶために大学に行く人は、企業必要とされる能力を学べるか否かで大学を選ばなければいいよ。君が学びたいことを学べる大学を選んで下さい。ただし、君が学びたいことを学んだ大学卒業した後に、君を採用し、給料を与える義務企業にはないよ。君が就職を願うとしたら、自分採用に値する人であるかを証明する責任は君にある。だから、君が就職するつもりがあるならば、君自身自分の学びたいと思ったことが採用に値するものであることを証明しなければならない。どのような大学に進学するか、君が判断しなさい。ただ、私の子どもからアドバイスを求められたら、個人で説明責任全てを背負うのは大変だよ、とアドバイスするね。」

szeidzsiszeidzsi2015/09/01 19:32一般的な企業が大卒と専門学校卒を同列で扱うようになるとドラスチックな変化がおきるのかなと感じました。

jun24kawajun24kawa2015/09/01 21:14正確に言えば、大卒と専門学校と職業高校を同等に扱うように、既になり始めています。

jun24kawajun24kawa2015/09/01 21:14正確に言えば、大卒と専門学校と職業高校を同等に扱うように、既になり始めています。