西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/08/05(水)

[]千葉の会 17:13 千葉の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 千葉の会 - 西川純のメモ 千葉の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 9月26日に『学び合い』千葉の会が開かれます。お誘いします。http://kokucheese.com/event/index/324042/

[]任せる 07:25 任せる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 任せる - 西川純のメモ 任せる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 放任と任せるとの違いは大事ですね。

 任せる場合は、ミッションを与え評価をする。この繰り返しがあります。そして環境の整備を常に行う。これらがないのは放任です。

 分かりやすい例は、何もしない上司と自分たちやりやすい上司の違いです。

 『学び合い』の初心者の中に、まれに、取り違える人がいます。大抵、本を読んでいません。

[]アイデンティティ 07:09 アイデンティティ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - アイデンティティ - 西川純のメモ アイデンティティ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 日本人としてのアイデンティティとは何か?

 それは「私は信頼たる日本人の一人で、一生、日本人でありたい」ということだと思います。これがあるから大震災の際に略奪が起こらず、ごく普通の人が復興に駆けつけた。

 これを育成するには、他者と関わり、成功体験を積み上げ、他者は信頼できるという文化を育てること。これを組織的に行うのが学校だと思います。急激に日本社会が変わるとき、アイデンティティが一層重要になります。

 私は世代間の対立が起こることを危惧します。その恐怖を30代、40代の人に感じて欲しい。彼らは今の20代、10代と協働できないならば、切られてしまう世代です。人ごとではありません、教師もそうです。自分の実践能力の向上、自分のクラスしか視野のない人は、40代で潰れます。今は200人に一人の休職者が激増し、退職者も増えるでしょう。これを組織的に改善するのも学校だと思います。学校がコアになって地域的コミュニティを再生するべきです。

 NPOではなく、何故、学校が地域コミュニティ再生のコアになるか?

 第一に、日本で一番広く存在し、予算とマンパワーを持っている組織だからです。

 第二に、地域で最初に共有するミッションは子ども、孫の健やかな成長だからです。道路などのインフラ整備の場合は利害がぶつかります。

 第三に、教師は子どもにとって管理者です。だから、子どもと一緒にやれます。これはNPOで汗をかいている方々にはのどから手が出るほど欲しいアドバンテージです。

 文科省の音頭取りでコミュニティースクールが盛んです。しかし、学校側は子どもの成長に地域の協力を得る手段だと思っているのではないでしょうか?でも、本当は、地域を変えることが出来るのは学校しかなく、子どもたちが主役で主体者であることを意識しているところがどれほどいるか、と思います。方法は簡単です。子どもに地域コミュニティの再生を求め、「さあ、どうぞ」です。しかし、子どもは出来ないという思い込みを捨てなければなりません。

 日本人はみんな仲間だと思える社会は素晴らしいと思います。

[]島根、岡山 06:16 島根、岡山 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 島根、岡山 - 西川純のメモ 島根、岡山 - 西川純のメモ のブックマークコメント

8月9日 益田市で『学び合い』島根の会があります。http://kokucheese.com/event/index/312353/

11月14日 岡山で『学び合い』岡山の会があります。http://kokucheese.com/event/index/323862/

FlipperKFlipperK2015/08/05 06:54宣伝していただき、ありがとうございます!

jun24kawajun24kawa2015/08/05 07:11結果、期待しています。