西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/07/14(火)

[]グローバル 08:37 グローバル - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - グローバル - 西川純のメモ グローバル - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今後の日本を考えるとき、「メンバーシップ型/ジョブ型」と「ローカル/グローバル」がキーワードだと思います。今回は後者を書きます。

 仕事に関して、不特定多数の地理的にも広い範囲の顧客を相手にする人がグローバルです。逆に地理的にも狭い範囲の特定の顧客を相手にする人がローカルです。グローバルとローカルの論理は全く違います。が、私にはもう一つの分類が必要だと思っています。地理的に広い特定の顧客を相手にする人です。まあグロ-カルとでも命名しましょう。理論的には地理的には狭い範囲の不特定の顧客を相手にする人もあり得ますが、地理的に狭いとことは顧客のニーズを特定しますので、まああり得ません。

 私の仕事は3種類です。

 本を書く仕事、講演する仕事はグローバルですね。この顧客の中には『学び合い』を求めている人も含まれていますが、それ以外の人も多い。悉皆研修の場合は、そのような人が多いです。本もそうですね。だから、本で書いていることと、上越に来られてくる方への話しは違います。

 ローカルは大学での仕事です。

 もう一つは、グローカルな仕事です。これは日本全国の『学び合い』の同志と一緒にやる仕事です。例えば一緒に本を書くとか、『学び合い』の会を企画するなどがこれにあたります。

 我々の仕事の圧倒的大部分を占めているのはローカルな仕事です。9割以上の教員の人はローカルな仕事が100%を占めていると言っていいでしょう。でも、同志の方々にはグローカルな仕事、グローバルな仕事もして欲しいと思います。

 さて、私の経験上、ローカルな仕事ばかりしている人がグローカルな仕事をする際につまずくのはおおよそ二つです。

 第一に連絡が取れない。ローカルな仕事の場合は直接に顔を合わせます。だから連絡方法を意識しなくていいのです。しかし、グローカルな仕事の場合は直接会いません。だから、電子メール等の連絡方法を使います。ところが、それをあまり使わないので、見ません。だから繋がらない。これを改善するには、電子メール等が来たら携帯電話に転送する設定をすればいいのです。

 第二に期限を守らない。ローカルな仕事の場合は直接に顔を合わせます。だから、意識しなくても「あ、やらねば」と思うのです。ところが、グローカルな仕事の場合は直接会いません。だから「あ、やらねば」という外圧がかからないのです。そして悪気なく、期限を守らない。グローカルな仕事で一人の人が期限を守らないと、守っている人全員に迷惑がかかるのです。それが分からない。ま、コンパの幹事をやったことのない人が、悪気なく幹事の気持ちを逆なでする言葉を言うのと同じです。これを改善するには、期限を守らないことが社会人として「大罪」であることを恐れることです。そして、グーグルカレンダー等で期限を忘れないようにすることです。そして、質は低くても期限を守ることの方が、期限を守らないことより遙かにましであることを理解することです。

 なお、グローカルな仕事が出来ない人は絶対にグローバルな仕事は出来ません。何故ならば、グローカルな仕事で繋がる顧客は強いつながりを持っています。だから、ある程度は許し合えます。しかし、グローバルな仕事ではそのような甘えはありえないからです。