西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/06/30(火)

[]教職 07:00 教職 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教職 - 西川純のメモ 教職 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今後の仕事は大きく変わります。というか、もともとあったものが鮮明になったと言えます。その一つのキーワードはグローバルとローカルです。グローバルというと海外で仕事をするか否かではありません。顧客が特定され、その特定された顧客に対する知識で勝負する仕事がローカルです。顧客から言えば、値段はさておき、「その人」ならばと思うような仕事がローカルです。だから、海外の数十人の顧客を相手をしている人は、グローバルではなくローカルです。グローバルはその真逆です。顧客が特定されず、商品・サービスで勝負する仕事がグローバルです。

 ネットが発達した世の中です。グローバルはどんどん広がっています。顧客に対する知識で勝負しないところは、値段で勝負のグローバルに負けます。地方の商店街がシャッター街なのは、ただ単に物理的にローカルであり、顧客に対する知識で勝負しなかったところ、新たな特定される顧客を開拓していなかったからです。ちゃんとローカルなりの仕事をしているところは生き残っています。

 保護者の顔を思い浮かべて下さい。圧倒的にローカルで生活している人です。相対的にはローカルは小さくなったかもしれませんが、今後も、ローカルが主であることは確かです。

 さて、教職はどうでしょう?

 残念ながらグローバルでもなく、ローカルでもありません。町の商店街と同じで、それで生きていけました。しかし、ネットが発達しグローバルな競争相手が出てきたのです。芸人並みの話術を持つ教師が、チームで作成した教材を使って授業をするのです。多くの教師が憧れるカリスマ教師がいます。でも、その人があなたの同僚だったら、あなたには災難ですね。保護者や子どもから、絶えず比較されるのです。それが全国各地に広がるのです。

 どうしたらいいでしょうか?ローカルとして生き残る必要があります。私の勤めた定時制高校には十年以上勤めた先生がおられました。その先生は、子どもたちの姉も兄も教えたことがあります。それゆえ、保護者のことをよく知っています。地域コミュニティにも精通しています。ローカルの強みを持っている人です。今後は広域人事を考え直し、基本的に2、3の中学校区単位で人事交流するような人事枠を設ける必要があります。会社で言えば一般職と総合職のようなものです。

 私立もグローバルで勝負する学校とローカルで勝負するところが出来るでしょう。ローカルの場合は、現在の児童・生徒に繋がる親戚一同を巻き込んだコミュニティを形成する必要があります。

 日本の雇用はどんどん変わっています。教職も埒外にいられるとは思えません。