西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/06/24(水)

[]もしも 08:31 もしも - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - もしも - 西川純のメモ もしも - 西川純のメモ のブックマークコメント

 もしも『学び合い』が無ければ、ということを考えました。

 そうしたら、今まで通りの授業に多少色づけすればOKとなるでしょう。だって、それ以外に定常的にアクティブ・ラーニングで求める認知的かつ倫理的な教育は出来ないから。

 だから、それもたまに今の「言語活動の充実」のと同じぐらいの実践をしてアクティブ・ラーニングと言うだろう。それが大部分の教室でやるのだから、だれもとがめられない。そして今の「言語活動の充実」程度になる。

 ところが『学び合い』があるため、満額をやる人や学校が出てくる。それが普通の教師、普通の学校でも出来るのだから、たちが悪い。だから『学び合い』が無い方がいいのかな、ともちらりと思いました。

 しかし、現場がやろうとやらまいと文科省は関係ない。多くの教師がやらないであろうことは織り込み済み。そし、人口の1割程度の人はアクティブ・ラーニングを享受できると想定している。

 大変なのは進学校と有名大学です。が、そんなところはアクティブ・ラーニングをやっています。それをやっていない研究室は業績を上げられないことはリッカートの示すところです。進学校は教師が従来型の授業をやってもそれを無視しています。ようは、そういうこところに予算が集中し、それを出来ないところが淘汰されるだけのことです。

 そして、小中学校の場合、成績上位者の子どもと保護者から見捨てられるでしょう。教師が「言語活動の充実」をアクティブ・ラーニングであると言い張っても、受験に成果を出せないアクティブ・ラーニングなんて興味ないですから。そんな時代の時、ちゃんとクラス経営を出来る教師が日本の何パーセントいるだろうか?5%もいないだろう。だって、今の授業で教師がやっていることの大部分は成績上位者にとっては陳腐です。そして、受験に役立ちません。

 結果としてエリートとその他の教育格差が大きくなる。そして、潰れる教師も多いだろう。だからエリート教育と矛盾しない、その他の子どもに対する教育を実現する意味がある。

 だあら、一生懸命になって「言語活動の充実」をアクティブ・ラーニングであると言い張っている実践を滑稽に思います。でも、その人たちはアクティブ・ラーニングが逃げられない未来であることを知っているから、現状との折り合いをつけている。しかし、「言語活動の充実」をアクティブ・ラーニングでは無理だと早晩分かるでしょう。でも、アクティブ・ラーニングがそこそこで何とかなると思っている大部分の人はどうなるのかと思います。おそらく明治時代の士族のようになるのだろうな。

 士族の中にも士族意識を捨てて成功した人が多い。そういう人を増やしたい。