西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/06/20(土)

[]褒めてあげたい 12:30 褒めてあげたい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 褒めてあげたい - 西川純のメモ 褒めてあげたい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は、久しぶりに心を込めて授業で語りました。

 私を突き動かすのは地獄の苦しみを味わっている子どもを無くしたいという願いです。それを考えるとどうしようもなくなる。私にとって、教科レベルの分かる、分からない、そんなのはどうでもいい。分かっても幸せになるとは限らないし、分からなくても幸せになれる。でも、より多くの教師子ども保護者に分かってもらいたくて、学力校長の手立ても明らかにします。その様な方々といっしょになって解決しなければ、地獄の苦しみを味わっている子どもを救えない。

 心を込めて語ると、走馬燈のように高校教師時代の教え子のことが思い出され、悲しくて、悔しくて、申し訳なくて、泣いてしまます。酷いときには講演中に嗚咽で語れなくなってしまうこともありました。そんなのは迷惑ですよね。だから、出来るだけ心を込めずに語ろうとしています

昨日の授業では、心を込めて語りましたが、泣きませんでした(目がウルウルしてしまいましたが)。自分を褒めてあげたい。

追伸 あんまり心を込めて語りすぎると、うざくなります。ということで、私は大学では「頭の賢い中学生」です。これも心地いい。私がボーッとしていると、怖いと言われます

kuro106rakuro106ra2015/06/20 21:34嫌っている人の講演会を聞きに、わざわざ出かけません。

若干怖いというのはありますが。

jun24kawajun24kawa2015/06/21 07:26怖い・・何でだろう?中学生並みのオッサンなのに。

toukonyukitoukonyuki2015/06/21 22:03授業していて、私のところへ生徒が質問しにくると、少し残念に思う自分がいます。だって、生徒同士で話して解決できることなのに、私のところへくるのは、まだまだ集団や生徒同士の関係ができていないってことだから…。逆に、生徒同士の新しい関係の広がりを見つけたときは心の中でめちゃめちゃテンションが上がります。西川先生が『学び合い』同志達のフリートークを見るときの幸せ感が、リアルに感じられるようになってきた自分がいます。ひそかな喜びです。

jun24kawajun24kawa2015/06/23 14:13いいね!