西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/06/18(木)

[]公募 20:06 公募 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 公募 - 西川純のメモ 公募 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本学教職大学院特別支援教育公募を行います

 なお、問い合わせ先は私ではありません。私に問い合わせないで下さいね

 http://www.juen.ac.jp/050about/080recruit/010teacher/files/stuff_150615_01.pdf

[]改革 07:01 改革 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 改革 - 西川純のメモ 改革 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今までに大学改革に関わって感じること。

 合意形成改革絶対に出来ない。何故ならば、合意形成で定まったのが「今」だから

 だから改革方法は二つのように思います

 第一は、非民主的方法絶対権力者が一気に変えてしま方法。その絶対権力者が正しければ、それによって救われる人は多い。でも、正しいとは限らない。

 第二は、横並び一線では無く、多様な道を認める。具体的には改革したいと願っている少数者に、トライする道を与える。そして、多数の人に改革しないという道も認める。対外的には改革した人を前面に押し出し、それ以外は看板の掛け替えにする。

 結果として、第二の方法の時、改革しない大部分は緩慢に衰退する。おそらく、正しい絶対権力者場合は、救われる人の数は前者の方が多い。しかし、後者の方が民主的でいいように思う。ただ、願わくば構成者に正しい情報積極的に流して欲しい。別に隠すべき情報を流せとは思わない。しかし、公開された情報積極的に流して欲しい。改革から逃げ切りたい人は情報収集をしたがらない。その人に流して欲しい。そうすれば救われる人が多くなる。

[]大学の自治 07:01 大学の自治 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大学の自治 - 西川純のメモ 大学の自治 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学問世界には上下関係がハッキリある。学会で認められた教授とそうで無い教授の間では発言力が違う。学会で認められた助教はそうでない教授より発言権がある。つまり多数決ではなく、学術論理で動いているから、その外の論理から独立する意義がある。

 しかし、学界で認められようとそうでなかろうと、一票は一票という論理集団には外の論理から独立する権利は無いと思います。少なくとも、そんな集団に対して、外の論理は敬意を示さない。