西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/06/14(日)

[]一派 22:09 一派 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 一派 - 西川純のメモ 一派 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 日本全国の同志と話すと、「私の地域は保守的で・・」と言われる方が大多数です。違います。日本全国、保守的なのです。だって、人様の子どもを預かっているのですから。

 次に、保守的だから何も出来ませんと言います。これも誤りです。

 どんな集団も保守的です。それが健全です。しかし、必ず異端児を持っています。それを持たない集団は緩慢に死滅するか、ある時点で絶滅します。ただ、異端児が一定の影響力を持つか否かは地域によって違います。

 皆さんの地域で、一定の影響力のある先生の研修団体を思い浮かべて下さい。その団体の会合に定常的に参加する人たちは何人でしょうか?ま、地方都市だったら十人いれば大勢力です。そんなもんです。

 何を言いたいか。同志の方々は、自分たちが少数派だと思っている。確かに少数派です。でも、何らかの意志を持って集まる集団としては巨大集団なのです。何故か?多くの人は、情報収集もしない。ましてや情報発信はしません。そして、基本的に「自分」の授業改善を願っています。だから、カリスマとは繋がりますが、相互で繋がりません。

 我々は少数派です。でも、上記の視点で考えて下さい。我々以上に情報発信をしている集団はありますか?また、我々のように仲間同士が多様に繋がっている集団がありますか?その集団は特定のカリスマが中心になっているのではなく、勝手連で動いています。そう考えると、我々の特異性が分かります。我々は繋がることの意味を知っている。そして、自分の授業改善を実現するには、ネットワークが必要であることを知っている。

 ようは3人で集まればすでに地方都市レベルだったらかなりの勢力なんです。「そんな程度」と思いますよね。でも、「自分」の授業改善を超えたことを考えている人は、それほど多くないのです。その人が3人集まれば出来ることも多いです。

 『学び合い』は県庁所在地に無い大学の一研究室からはじまったことです。それがこれだけ広がったのは、自分の授業改善を超えた志を持つ人たちに応える教育だからです。

追伸 明日は長野県の塩尻で仲間と飲みます。楽しみです。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/g-chanDAY/