西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/05/25(月)

[]速い 21:59 速い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 速い - 西川純のメモ 速い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 平均的な教育研究者の1年が、私の場合は2週間のように思える。とにかく速い。だからダイナミックで楽しい。だから疲れる。でも、それに負けないように走り続ける。幸い、仲間の力で前に行ける。

 この20分間で、パーッともやもやとしたものがクリアーになり、全体像が見えてきた。きっと、あと1日で、全体像がハッキリと見えるだろう。そうすれば6日間で形になる。ま、この1週間は仕事があるから、安全パイで6月半ばまでに。

 あまりの早さに大笑い。

[]名人芸 07:05 名人芸 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 名人芸 - 西川純のメモ 名人芸 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 そこそこの授業名人と『学び合い』の授業は真逆です。しかしトップレベルの授業名人と『学び合い』の授業はきわめて近くなります。

 そこそこの授業名人は、授業をしていると「あ~、あそこが凄いな」ということが分かります。なぜなら見ている人が既に持っているものの延長上にあるからです。ところがトップレベルの授業名人の場合は、何故上手くいくのかが見当もつきません。勝手に想像してまねしてもまねられません。

 私の研究室では、色々な教師が授業検討会でどのような行動をして、どのような子どもの行動を見るのかを調べました。

 学部学生レベルは一人の子どもをずっと追います。上級の先生は個人を追うと同時に班を追います。トップレベルの授業名人は教室全体を見ます。そして、ポイントとなる言動があるとすっと近づいて、そしてまた全体を見ます。その結果、多くの先生方が気づかないことを見取ることが出来ます。

 『学び合い』はまさにそれをやっています。そして、子どもたちは自由に動き、語るのです。だから、学部生レベルでもトップレベルの授業名人と同様な見取りが出来ます。

http://www.meijitosho.co.jp/eduzine/interview/?id=20150024

追伸 私も授業名人を色々見ますが、技で理解できる程度は底が浅いと思っています。本当は心のレベルが大事ですから。ただし、飛び込み授業の場合は、しかたがない。その場合は、気迫の方が大事。私は、その人の気迫の源泉を探ろうとします。技ではなく。

[]群馬の会 06:50 群馬の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 群馬の会 - 西川純のメモ 群馬の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今週の木曜日に高崎で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。http://manabiai.g.hatena.ne.jp/take1_No12/20150524/1432477364