西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/05/24(日)

[]不自然 22:09 不自然 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 不自然 - 西川純のメモ 不自然 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近の講義で話したことです。

 木村拓哉、今でも一線のアイドルとして活躍しています。彼は42歳です。

 私と同年代の方、我々のアイドルは何歳でしたか?十代ですよね。二十代後半は「年寄り」ではありませんでした?ましてや四十代はオジサンでアイドルなんて思いもつきません。では何故木村拓哉はまだアイドルなのでしょうか?それは我々、及び団塊の世代が主たる消費世代だからです。

追伸 今の日本は絶対に変。福祉政策よりも、子どもを増やす政策が優先しなければ。それ以上は、両者が矛盾しない政策、つまり日本の最大の天然資源である。シルバー世代の活用です。

[]ぐんたまの会 13:24 ぐんたまの会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ぐんたまの会 - 西川純のメモ ぐんたまの会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 5月30日に埼玉県本庄市で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kuro106ra/20150524/1432437409

[]革命的イノベーション 10:15 革命的イノベーション - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 革命的イノベーション - 西川純のメモ 革命的イノベーション - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』は破壊的イノベーションと昨日書いたが、正確には革命的イノベーションだろう。クリステンセンのモデルは顧客が製品を選べる自由市場でなりたつモデルだ。それが出来ない市場では成り立たない。そのような市場では革命が起こる。東ドイツのトラバントのように一気に駆逐される。

 高度成長期以降、今の教育モデルは破綻してしまった。しかし、既存のシステムは現在のシステムの改善・改良で乗り越えようとしている。しかし、効果はない。でも押さえつけている。「学習規律」を云々するところが増えているのは、そのひずみがどうしようもない状態に近づいているから。でも、既存のシステムが見逃しているのは、革命が成功するかしないかを決めているのは不満を持つ民衆の多寡ではない。それらを組織化出来るほどの知的な能力と教育を受けた、既存システムでも高い地位をしめているエリートが既存システムに反旗を翻した時である。

 おそらく文科省の打ち出した高大接続改革実行プランは、日本が生き残るために必要なタイプのエリートを早急に生み出すことを狙っているのだと思う。しかし、受験システムを変えることによって、既存システムはエリート層に何も与えられないことを露呈する。不満を持ったエリートたちが、不満を持つ民衆(つまり成績中位層、下位層)を組織化し、既存システムを破壊する。

 革命は高校ではなく、小学校、中学校で起こるだろう。何故なら、高校ではエリートは特定の学校に進学し、エリート用のグローバルでアクティブな学習を与えられるから。そして、変革出来ない既存のシステムは、非エリートの学校で「しばらく」は生き残ることが出来る。つまり、棲み分けが出来る。ところが小学校、中学校ではエリートと非エリートが混在する。そして、エリートは既存システムが自分の将来の進路を保証するグローバルでアクティブな学習を提供出来ないことを、兄弟や保護者を通して学ぶ。

 昔はエリートは教師に従った。何故ならば、教師しかツールがなかったから。しかし、コンピュータが導入された今後は違う。大学入試を経験した人なら、高校3年生の授業中、何を持っただろうか?それは「授業はいいから、自習をさせて」と思ったはずだ。何故なら教師の授業より、自分に合った問題集を解いた方が受験に有利だと分かっていたから。それが小学校、中学校に波及する。少なくともエリートの子どもは。だから、意図的に学級崩壊を起こし、自習出来るようにする。このエリートの子ども(そして保護者)の攻撃に対抗する手段を既存システムは何も持っていない。

 エリートが反乱するなんて支配層は想定していない。彼らが想定するのは民衆の反乱。何故なら、自らのひずみの重さを知らないから。だから、革命は避けられない。出来るのは革命を出来るだけ早く起こし、ひずみの蓄積をためすぎないようにすること。そして、次の時代に対応出来る準備をすること。

 ハリ・セルダンは銀河帝国の滅亡を予想し、それが避けられないことを知ったとき、暗黒時代を3万年から千年に短縮するためにファンデーションを設立した。

 ま、妄想です。でも、こんなこと書く教育学研究者は過去にいなかったんだろうな。