西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/05/22(金)

[]誠実 21:48 誠実 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 誠実 - 西川純のメモ 誠実 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 出来ることは、する。それの完成度は高くなくても、今の自分で出来ることをする。出来ないことは、出来ない。だから出来ないことを連絡する。当たり前のことです。

 いずれにせよ、直ぐにする

 これが出来ない。物理的に離れた距離を持っている人に出来ない。

 他人に人の道を説いている人に、それが出来ない人がいる。

 これが何度、経験しても驚きます

 多くの人が持っている「誠実」とは、普段から会っている人への誠実。これはホモサピエンス本能として持っていますしかし、普段は会わない人への誠実。これは教育社会経験によって後天的に獲得するものです。これが出来ない人は、大きなことは出来ません。

[]もう少し 21:24 もう少し - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - もう少し - 西川純のメモ もう少し - 西川純のメモ のブックマークコメント

 キャズム臨界点、変曲点

 色々な表現があるけど、それが目前のように感じています

 私は、それが来るとき正しく、次のステージ移行するための準備をするだけです。今年の11月にはその準備は出来そう。あとは、そこから決壊です。

 て、思っていますが、しぶとく、二枚腰、三枚腰。

[]バカっぽい 21:24 バカっぽい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - バカっぽい - 西川純のメモ バカっぽい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 5月になってゼミ決定をしたゼミ生の変容が面白い半年もたてば、絶対にしないようなことをまだしています。ま、それが普通世界でのまともな反応ですから。でも、徐々に、バカっぽくなっています。それが可愛いし、嬉しい。

 日本を変える、なんていうとてつもない、馬鹿馬鹿しいことを面白いと思える集団に徐々に変わっています。そのための外的条件を定め、外堀を埋め、真綿の綱を首につけています。でも、それを逃げられるのに、それを受け入れて、限られた学生生活を他では絶対経験できないことで埋めようとしている。

 私は冒険しません。ちゃんとソフトランディングさせます。ただ、それを信じられるだけ、バカにならねば、とてつもない経験は出来ません。

[]二十一世紀能力 09:52 二十一世紀型能力 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 二十一世紀型能力 - 西川純のメモ 二十一世紀型能力 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 これからの大人社会で生きるための能力、それを本気で測定したら、おそらく学校教育で出来ることは相対的に低くなる。

 でも、現状のググれば分かるものを解いているテストを早く潰したい。受験勉強をやっている息子に「考えるな、受験は反射だ」と言っている自分が嫌です。息子の本当の能力を押さえつけているからです。

http://www.s-kenpo.jp/archives/1135

[]繰り返される 07:10 繰り返される - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 繰り返される - 西川純のメモ 繰り返される - 西川純のメモ のブックマークコメント

 三十年以上、何度も見たことです。

 大学研究者が国や県の指定研究校に入り込んで、最先端技術を使った授業をする。そして多くの先生方が目を丸くして帰る。しかし、帰り道には「あんな機械ないよね」、「あんなソフト使えないよね」と言う。ま、銀座の高級店をウインドショップしているようなもの。結局、そんな研究現場に役に立たない。

 大学研究者論文を書けば、次の最先端技術に乗り換えて研究します。そして人事異動によって指定研究校の先生も出ます。結果、誰も使い方が分からない機械ソフトが残り、ほこりかぶる

 私は、こんな馬鹿馬鹿しい連鎖を断ち切りたいのです。

 http://www.meijitosho.co.jp/eduzine/interview/?id=20150425