西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/05/15(金)

[]真実 07:01 真実 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 真実 - 西川純のメモ 真実 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 卒論で指導していただいた石坂先生には多くを学ばせていただきました。私が教育学で研究する際の思考方法、研究姿勢は石坂先生によって学びました。ほぼ全てと思います。(大学院の小林先生からは大人としての生き方を学びました。)

 石坂先生から学んだことは多いですが、モデルという考え方はその後の研究に決定的な影響を与えています。

 簡単に言えば、「真実なんか分かるわけない」というものです。

 例えば、理科を学んだ人は「水素原子がある」と思っています。しかし、真実は分かりません。本当は「水素原子があると考えると、様々な現象を説明できるし、予測も出来る」ということです。

 生物は水素原子よりもっと複雑です。だから真実なんて分かるわけありません。そこで、研究者は様々なレベルでそれをモデル化します。(ただし、研究者でもじぶんのやっていることはモデルであることを理解せず、真実を追究していると思っている人は少なくないですが)石坂先生からは生物を大胆に単純化したモデルであっても、現象の大部分は説明できるし、予測も出来ることを学びました。

 人間は生物の中でも最も複雑な生物です。その生物の中でもっとも高度な精神活動である学習を、複数でやっている学校を対象としています。私は今でも生物学研究をしているつもりです。それも最も難解な生物学研究です。

 私は複雑な現象を複雑のままで扱い、のたうち回るのは嫌いです。ですので、現象を直ぐに単純化し、理解したいと願います。私の発する情報の大部分は、個々具体的な対処法です。でも、一番、心が躍るのはモデル化するところです。それが学校観と子ども観です。そして、そのモデルが多様な現象を説明し、予測できることがワクワクします。

 が、モデルに過ぎません。

 私は子どもたちの姿から『学び合い』のモデルを導きました。が、全く同じ姿から『学び合い』を全く否定するモデルを引き出せることを理解しています。

 では様々なモデルの中で何を選ぶべきか?それは価値観だと思います。何を求め、何を良しとしているかです。

 『学び合い』を否定する人の言説を読むと私に違和感を感じるのは以下の点です。

 第一に、子どもを十把一絡げにとらえている点です。子どもは一人一人違うし、一生懸命に生きている。それを感じられないのです。結果として、大多数の子どもが分かればいい、大多数の子どもが楽しければいいと考え、その甘さから、実態として大部分の子どもが分からず、大部分の子どもが楽しくない授業を容認してしまう。

 第二に、子どもを大人にするということ感じられない。さらに、子どもを幸せにしたいという願いが感じられない。そのため、自分が担当する1年間、いや、この時間の出来る出来ないしか意識の中には無い。最終的な目的、つまり、子どもが一生涯幸せな人生を送れるというものが無いので、毎日の授業がそれと繋がっているかいないかを意識していません。

 それを真正面に言えば喧嘩になるので、言わないようにします。しかし、言えば極論だと言われます。たしかに現状からは極論と思われても仕方がない。でも、私はそれを願っている、諦められない。つまり価値観の問題です。