西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/05/15(金)

[]卒論 07:01 卒論 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 卒論 - 西川純のメモ 卒論 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 Aは何点、Bは何点という換算表によって学部学生さんの成績は点数化され、それによって順位が決まります。うちのゼミ生の順位を聞くと、全百七十人中、百六十あたりをうろついています。中には百五十あたりで胸を張っている学生に対して、「おまえ目くそ鼻くそを笑うという言葉を知っているか?」と言うと笑ってうなずきました。

 その後、以下のようなことを語りました。

 『大学の成績でオールAというのはバカの証拠だ。何故なら、大学で本気で勉強する講義は3つあればいい。それ以外はDでなければいい。でも、その講義を真剣に学べ。それにしてもオールAはバカだけど、百六十あたりはもっとバカだ。なんとかしろ。

 大学で学ぶべき大事なことは二つある。第一に、一生の伴侶となるような人を見付けろ。とても大事なことだ。もう一つは卒論だ。おまえらは小中高とずっと本当の問題解決を教えてもらっていない。卒論はその最初のことだ。卒論だって色々ある。先生の指定する本を読みまとめることが卒論の研究室もある。卒業間近になって調査問題をつくり、同級生や後輩ににそれを書いてもらってまとめる研究室もあるだろう。でも、我がゼミは違う。日本を変えるという馬鹿馬鹿しいと思えるものを達成しようとしている研究室だ。

 君らは二百万円以上の学費と、膨大な生活費と、4年間という時間を費やして大学に来ている。それに見合ったものを得たいならば、卒論で学べ。君らがどんな学びをしようが、しまいが、俺の人生には全く関係ない。しかし、君らがどんな学びをするかは君らの人生を決める。』

 私は大学で本気で勉強したのは「柳沢先生の遺伝学」、「黒川先生の集団遺伝学」、「関口先生の動物分類学」、「石坂先生の生物物理学」の4つです(3つよりも多かった)。その講義に関しては、かってに本を読み、教員の求める以上のことをしていました。そして、石坂先生の研究室に入りました。

 以下の人事担当者は正しいと思います。

http://blog.tinect.jp/?p=13443