西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/05/04(月)

[]教育学研究 13:43 教育学研究 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教育学研究 - 西川純のメモ 教育学研究 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私はもともと理科教育学が専門です。日本の教科教育学研究構造的な問題は、「そもそもその教科を学ぶのは何故か」という問いを自らに課さない点です。その教科を学ぶのは当然だという出発点からはじまります。仮に問う場合、その業界の人の中でしか納得しない理屈で泊まります。どんな教材も指導法も、本人が学ぼうとする気が無ければ無効です。そして、教師が手を焼く子は「その業界」の人では無いのですから

 一方、教育学研究構造的な問題は、それが毎日の授業にどのように具現化するかをという問いを自らに課さない点です。それは教科教育学仕事であり、自分たち仕事では無いと考えます。でも、本当に自らが掲げていることを願っているならば、教科教育学もっと興味を持ち、対話をするはずです。が、戦後になって教育方法から教科教育学独立してから、そのような動きはありません。

 今、大学は大きな荒波にもまれています。その業界外の人が納得するような、自らの存在価値を主張出来なければ、存在が抹消されるのです。

 例えば、「理科」という教科名は、学校教育法にも無く、学校教育法施行令にも無く、学校教育法施行規則にやっと出てくるのです。施行規則省令ですので、文部科学省の中で合意がなされれば変えることが出来るのです。教育職員免許法には「理科」という言葉がありますが、この法の上位法が学校教育法であることは当然ですので、学校教育法が変われば、それにともなって変更することは自然です。免許があるから学校教育カリキュラムが変えられないという論は成り立ちませんから。また、体育という教科が無い国は山ほどあります。というより、体育がある国の方が少ないとも言えます

 もちろん、理科や体育が無くなることは無いと思いますしかし、そう言ってられないのではないかと、思うようになり始めています