西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/03/31(火)

[]法令 08:24 法令 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 法令 - 西川純のメモ 法令 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日に部活のことを書いたところ、多くの人に「いいね」を押していただきました。でも、もう一歩先に進んで法令を読まれましたか?

 そこにリンクを張った「教員の勤務時間管理、時間外勤務、適切な処遇の在り方(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/052/houkoku/08091011/003.htm)」を読まれましたか?また、その中にある「公立の義務教育諸学校等の教育職員を正規の勤務時間を超えて勤務させる場合等の基準を定める政令」(http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H15/H15SE484.html)を読まれましたか?そこには「臨時又は緊急のやむを得ない必要があるときに限る」と明記されています。従って、毎週ある休日の部活指導は、明確にアウトです。また、「部活」、「実習」の言葉が法令の中でどのように使われているか調べましたか?そして、部活動は教員の業務外であるという判決が出ていることを知っていますか?

 日本の国レベルの行政マンはものすごく有能です。ちゃんと考えています。上記の例で言えば、部活でどんなことがあっても国は責任に問われません。

 じゃあ誰が責任を負うか、上記を読まれれば分かるように校長が責任を負っているのです。そのことを中学校、高等学校の校長はどれほど分かっているのでしょうか?

 そして、特別手当を出している都道府県も責任は問われます。市町村の行政マンがそれを見逃すことはあっても、都道府県の行政マンがそれを見逃すとは思えません。おそらく国の政令に準拠し、部活動は社会体育と連携すべきだとか、休日シフトを考えろとか、通達を出していると思いますよ。きっと。

 つまり、校長「だけ」の責任になっているんです。

 もちろん、横並びでやっているときは、まだ大丈夫です。ところが、徐々に部活動の休日指導はやめるべきだという校長が増えてきたとします。ところが、その空気を読めず、自分の部活顧問経験を引きずって、管下の職員に求め続ける校長もいるでしょう。でも、はっと気づくと周りにそんな校長が殆どいなくなったとします。そのとき、その校長は県からも市からも、そして周りの校長からも糾弾されるのです。そのとき、「だって、前からそうだった」と言ったら、「あなた、法令や通達を読んでいなかったの?」と言われます。また、「私は命令はしていない、勝手にやったんだ」と言い張るかもしれません。ところが、そんなこと業界では通じるかもしれませんが、裁判では通じません。だって、学校として手当を出しており、その記録は残っているのですから。末期哀れです。

 一般の教諭の方々も法令は知るべきです。そして、やんわりと使いましょうね。公務員たるもの、何かあったら法令を調べる、それをくせにしましょう。ちなみに「なぜか仕事がうまくいく教師の7つのルール」(学陽書房)に書いたことです。