西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/03/30(月)

[]変えて! 05:37 変えて! - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 変えて! - 西川純のメモ 変えて! - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は高校2年の3学期まで勉強らしき、勉強を一度もしていません。その代わりに本を色々読みました。文庫になるレベル古典を読みあさりました。宗教本にも凝りました。キリスト教は外典や悪魔学まで、イスラム教も、日本仏教は各宗の宗祖の本を読みあさりました。息子の今の生活を見ていると、何であんな本を読めたのか不思議です。でも、理由は明らかです。勉強しなかったからです。そのため、小中高とも家から一番近い公立です。そして1年間の受験勉強でなんとか筑波大学滑り込みました。

 今、息子が勉強するように徹底的に管理していますしかし、息子のやっている勉強が、彼が大人になったときに役に立たないことをハッキリと確信しています勉強させる代わりに、彼が望むままに本を読ませ、旅をさせた方が、ずっと役に立つに決まっています。が、そうすると今のシステムでは丁半ばくちです。

 夏目漱石の全巻を読ませたいと思いませんか?

 その子英語が好きならば、高校までに英検1級をとらせ、海外留学をさせたいと思いませんか?

 その他、その子の才能があるところを徹底的に伸ばすことを許してあげたいと思いませんか?

 特別支援必要な子にみんなと近い力を与えるのではなく、その子が持っている得意なところを伸ばさせてあげたいと思いませんか?私は特別支援教育とは、その子の才能を見いだし、伸ばす教育だと考えています

 アクティブラーニング教育方法改革だと思われていますしかし、その先には子ども学習内容の選択も能動的になれるよう変化する必要があるのです。

 教師の皆さん、我が子を将来必ずしも役に立たない1次元の軸での競争に勝つ子に育てたいですか。私はそう思わない。息子の時代には間に合わないけれど、孫の時代には「まし」にしたい。

 ググれば直ぐに分かる知識を覚えるなんて馬鹿げています。今後、機械翻訳が進んだとき必要な知識とは、今の英語力ではなく、海外の人が自分とは異質であることを理解し、それでいながら理解し得ると思えることだと思います

 数学者になりたい子どもならば、中学生の時から現在大学数学教科書を読ませたい。その時間を生み出すために、ある教科を全く勉強しなくても良いようにさせたい。