西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/03/20(金)

[]信心 05:41 信心 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 信心 - 西川純のメモ 信心 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある同志からメールをいただきました。卒業する子どもにメッセージを書いてもらったところ、一人の子どもから『学び合い』をやめて欲しいと書いてあったそうです。それに相当ショックを受けたとのことです。

 お気持ちは分かります。みんなに分かって欲しいと思うのは教師の性です。でも、そんなのは無理だと見切ったから『学び合い』があるのです。仮に『学び合い』で最高のクラスを創ったとしてもその中には一定の分布の子どもがいます。当然です。全員が「『学び合い』って最高!」と思っていたとしたら、それは不自然だと思います。

 宗教にはそれを信じない人を異教徒と排斥する「人」もいます。一方、全員救われるべき存在だと明確に聖典に示されており、信じていない人も、やがて救われるべき人の一人であるととらえている宗教もあります。しかし、多くの宗教は信じた人が救われる、逆に言えば信じていない人は救われません。

 『学び合い』は集団の2割ぐらいが、『学び合い』を理解していればいいと考えています。そして過半数の6割は、その2割の言っていることが正しいんだろうなと思い、残りの2割は『学び合い』に反対して良いのです。それで、反対している2割も含めて見捨てられないと考えています。

 私の研究室に2年いても、『学び合い』に疑問を持ちつづけて卒業・修了する子はいます。私の管理下から離れれば、研究室でいたときの気持ちが薄れる子もいます。教師としては残念に思いますが、それが自然とも言えます。

 一人も見捨てない社会や教育を実現することが目的です。『学び合い』の授業自体は、そのための手段なのです。大事なのは本当に理解する2割があり、6割がその2割が正しいだろうなと思うようになることです。

 何事も分布があります。我々が目指すべきは、その平均を上げ、分散を下げることです。

rx178gmk2rx178gmk22015/03/21 08:58ブログへのコメントありがとうございます。
それぞれの校種の良さを生かして「したたかに」生きていきます。
1年目はこっそりやってますね。

jun24kawajun24kawa2015/03/21 10:57期待しています。