西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/03/19(木)

[]教材研究 09:13 教材研究 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教材研究 - 西川純のメモ 教材研究 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「『学び合い』では教材研究をどうするのですか?」、これは数ある典型的な私への質問の一つです。私の返答は、『学び合い』の初心者の方、中級者への方、上級者の方では違います。そして、それらは真逆なことも言います。だから、注意しないと混乱します。

 初心者の方の場合は、「してはいけない」です。そして市販の教材を活用することを勧めています。理由は、教材研究は時間がかかり、その労力が活かせる場面は短いのです。つまり時間に関してコストパーフォーマンスが低いのです。だから、それに費やす時間を、もっと直近で費やすべきものに費やすべきだと勧めます。第一は、家庭の時間です。少しでも早く帰り、家族と喋る時間に費やすべきです。

 中級者の場合は、やることを勧めます。というより、やります。『学び合い』の実践者がよく言うことですが、「『学び合い』は教材研究をしなくても出来るが、したくなる」。これに解説が必要です。『学び合い』は教材の力ではなく、教師の子どもに対する思いで成立させる教育です。だから、極論すれば教材研究は必要ありません。確信を持って「勉強しなさい」と言えば良いだけのことですから。しかし、『学び合い』では子どもの多様な発想が表出します。それをいっぱいみるのです。そのため教科部会(すまり、その教科の大好きな人が集まる会)では絶対に話題に出ないような発想を知ることが出来ます。そのため、調べたくなるのです。

 上級者の場合は、勧めますが、そんなに簡単なものではないことを伝えます。私の考える教材研究の行き着く先は、その教科が与える「美」であり「善」を子どもに伝えるものだと思います。そのレベルになると、校務の合間にチョコチョコやる程度では無理です。生活自体がそのものにならねばならない。これは研究者、それも研究環境の条件的に驚異的に恵まれた研究者が実現できるかもしれないレベルです。それに準じたものを小中高の教師が実現しようとするならば、趣味は厳禁、もしかしたら家庭も持てないかもしれません。そのレベルだと語ります。その上で、やりますか?と問います。

 じゃあ、そのレベルに行かない教材研究は無駄かといえば、そうでもありません。

 『学び合い』ではないですが、心から尊敬している教師の本の中には教材研究を勧める本は少なくありません。というより、尊敬に値する教師の本であれば、すぐに使えるノウハウの記述にとどまる訳ありませんから。しかし、その教師にとっては当たり前すぎて省略されていること多いものが実は最も大事な点だと私は思うのです。

 それは誰のための教材研究か、です。

 子どものため、といいたいところですが、そうとは言えません。教材研究に熱心な教師のかなりの割合は、自分のため、としか思えないのです。

 私の元々の専門である理科教育学には、教材開発の論文が山とあります。その多くは、その教材の背景となった学術の記載があり、それに基づくデータ分析があり、それに基づいて教材を開発した論文です。面白いことに、それらの論文には、それを実際に授業に使って子どもが分かったか否かを調べた形跡がないのです。少なくとも、それを論文に記載していない。変ですよね。子どもに分かって欲しいと願って教材開発をしたならば、当然、そこまで調べるはずです。それが無いならば、それを願っているわけではないのです。これは理科教育学での教材研究の過半数を占めています。おそらく、他教科でも五十歩百歩だと想像します(違っていたらすみません)。

 結局、子どもは教師の心を読み解き、それによって学ぶか学ばないかを決めます。私の高校時代、授業能力が高いとは思えない先生がおられました。しかし、生徒に対する愛を感じる先生がおられました。その先生が亡くなるまで、毎年、年賀状を送らせていただきました。

 逆に、授業準備がバッチリで、教材研究をしっかりした中堅の先生がおられました。私は嫌いでした。そして、その先生の前で内職をして、そして学年トップの成績を出しました。その先生には愛を感じられないからです。

 この部分を教材研究を勧める方は、是非、強調して欲しいなと願います。