西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/03/13(金)

[]ブレイク 08:49 ブレイク - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ブレイク - 西川純のメモ ブレイク - 西川純のメモ のブックマークコメント

 少なくとも出版に関しては臨界点を超えました。『学び合い』(二重括弧の学び合い)関係の本で現在出版されている本は、私の知る限り以下の19です(抜けがあったら教えてくださいね)。

 私関係で

学び合い』を成功させる教師の言葉かけ

子どもが夢中になる課題づくり入門

簡単で確実に伸びる学力向上テクニック入門

学び合い』で「気になる子」のいるクラスがうまくいく!

子どもたちのことが奥の奥までわかる見取り入門

クラスが元気になる!「学び合い」スタートブック

気になる子への言葉がけ入門

クラスと学校が幸せになる『学び合い』入門

理科だからできる本当の「言語活動」

なぜか仕事がうまくいく教師の7つのルール

クラスがうまくいく! 『学び合い』ステップアップ

気になる子の指導に悩むあなたへ

学校が元気になる! 『学び合い』ジャンプアップ

 三崎さん関係で

学び合い』カンタン課題つくり!

教師のための『学び合い』コミュニティーのつくり方

これだけは知っておきたい『学び合い』の基礎・基本

学び合い』入門

はじめての人のための理科の授業づくり

 水落さん、阿部さん関係で

成功する『学び合い』はここが違う!

青木幹昌さんたち関係で

成功する!『学び合い』授業の作り方

 新年度の教育書フェアーでは、『学び合い』だけでコーナーを十分作れます。そして、来年度はもっと多様な人が出すでしょう。裾野を広げることが一気に進むことが期待できます。正のスパイラルモードに突入しようとしています。とにかく、同志が悩んでいる最大のものは、同じ学校に実践する人が複数いれば解決できることばかりです。何とかせねばと焦ります。

szeidzsiszeidzsi2015/03/13 21:03オンラインで無料で入手できるものですが片桐先生の『言語活動は『学び合い』で。』という本があります。

jun24kawajun24kawa2015/03/13 21:16ありがとうございます。ただ、今回のは書籍に限ったものです。ネットに長けた方らなら、かなりの認知度は高いです。我々が広げなければならないのは、次は本です。