西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/03/12(木)

[]和歌山の会 05:40 和歌山の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 和歌山の会 - 西川純のメモ 和歌山の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 すみません。出張のごたごたで遅れました。本日、和歌山の会があります。おそらく、本日、連絡しても大丈夫だと思います。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

第5回『学び合い』和歌山の会開催について

 第5回の『学び合い』の会を下記の日程で実施することになりました。

学び合い』を既に実践している人、これから研究してみようと思う人、少し興味のある人、いろいろな人が集まって気軽に情報交換できる会です。

 

1 日 時  平成27年3月12日(木) 18時00分~20時00分

2 場 所  紀美野町立野上小学校 相談室 (駐車場:校内中庭と運動場)

         

3 内 容  

(1)実践報告

(2)実践者への質問

  (3)情報交換 など

     

実践報告の一つとして、野上小学校での取り組みの報告を予定していますが、参会者の方々からも、どんな形式でもかまいませんので、話のきっかけとしていろいろ出していただければありがたいです。

     情報交換したり、質問したりすることにより、新年度に向けた取り組みのヒントが見つかればと考えています。

    

申込みは、3月11日(水)までに、下記の事務局までお願いします。

当日の飛び入り参加も大丈夫です。

事務局:紀美野町立野上小学校 松尾詩朗

             〒640-1131 和歌山県海草郡紀美野町動木1445

         電話 073-489-2041  FAX 073-489-2042

     E-mail koutyou@nokamies.town.kimino.wakayama.jp

                           

平成26年11月20日、中央教育審議会の初等中等教育における教育課程の基準等の在り方について(諮問)の中に下記のような文章があります。

・・・そのために必要な力を子供たちに育むためには,「何を教えるか」という知識の質や量の改善はもちろんのこと,「どのように学ぶか」という,学びの質や深まりを重視することが必要であり,課題の発見と解決に向けて主体的・協働的に学ぶ学習(いわゆる「アクティブ・ラーニング」)や,そのための指導の方法等を充実させていく必要があります。

こうした学習・指導方法は,知識・技能を定着させる上でも,また,子供たちの学習意欲を高める上でも効果的であることが,これまでの実践の成果から指摘されています。・・・