西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/02/24(火)

[]ホラー 07:08 ホラー - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ホラー - 西川純のメモ ホラー - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教員用の転職のためのサービスがあることを知りました(http://t-career.jimdo.com/)。まあ、あるでしょう。日本で最もありふれた職業であり、かつ、最近は急激に職場環境が悪くなっています。が、失礼ながら笑います。少なくとも公立校の教師ならば特にです。

 だって、転職すれば収入は激減します。都会ならばいざしらず、地方においては教師は高給取りです。というか教師以外は、もの凄く収入が低いのです。

 仕事の辛さもそうです。モンスターペアレンツはいるかもしれませんが、どの職業でも顧客はいて、クレーマーはいます。手のかかる子はいるでしょう。でも、手のかかる顧客はいます。その顧客は子どもでは無いのです。

 民間では顧客は獲得しなければいません。ところが、公立学校では顧客は法が手当てしてくれます。

 合わない上司がいるかもしれません。でも、公務員ですから基本的にクビは無いのです。民間企業出身の校長がパワハラ等で問題になることがありますね。そりゃそうです。民間企業ならばクビがあります。ところがそれを使えないで民間企業での管理をしようとしたらパワハラまがいのことしか出来ませんから。

 日本の0.5%の教員は心の病で休職しています。でも、その数値を民間の人が見たら一笑するでしょうね。

 私には教員をやめて転職することのメリットを見いだすことが出来ません。あるとしたら、教員としての成果を認められ、その能力を生かして転職する人ぐらいです。教員で挫折して、転職して成功する可能性はもの凄く低いと思います。教員で挫折した同じことが、もっと拡大し、もっと厳しく求められるのですから。もともと、教員は子ども相手に人の道を説くべき職業です、余裕を持たねばなりません。だから、一般の民間よりは収入があり、余裕を持つべきなのです。

 が、今後は厳しいですね。昨日のメモに書いたように、今後は競争相手が出来ます。自分の授業よりはるかに質の高い授業が安価に豊富に提供されるのです。あてがい扶持の顧客から、それも上得意の成績上位者からレッドカードを与えられるのです。

 おそらく五十代の教員の半ばは早期退職して転職を考えるでしょう。しかし、上記の通り転職は成功しません。結果として数千万レベルの生涯収入を捨てることになります。四十代の教員の半数は飼い殺しでしょうね。怖い言い方ですが、大きな学校にはそんな教員が何人かいますよね。あのような人が増えるのです。

 このような移行は徐々に進行します。

 私の小さい時代には、魚屋も八百屋も米屋もいっぱいいました。今、見かけませんね。でも、どのように無くなったか思い出せますか?思い出せないでしょう。移行期間には以下のような会話があるかもしれません。

A:ねえ、B先生がやめるんだって。

C:へ~。そういえば最近辛そうだったもんね。

A:そうそうそう。

C:でもB先生のお子さんは中学生だよね。やめてどうするの?

A:なんか分からない。そのあたりB先生は何も言わないから。聞きづらくって。

C:ふ~ん。

 そして、数年もたたないうちに、B先生の記憶はA、Cの記憶から消えるのです。でも、Bの人生はその後も長く続きます。

 ホラーですよね。

 今普通にある職業が、明治以降ずっとある職業が、今後もあるとは限りません。就職したらキャリアアップは終わり、なんていう生き方は出来ません。そうすればBのようになります。五十代は何とかごまかせるかもしれません。しかし四十代以前の人は無理でしょうね。