西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/02/17(火)

[]脱知識偏重 07:44 脱知識偏重 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 脱知識偏重 - 西川純のメモ 脱知識偏重 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 文科省が脱知識偏重を打ち出している。これは多くの人が以前から言っていたことだ。しかし、行政がそれをハッキリ打ち出し、それに対する施策を出しつつあることに意味がある。行政は失敗は許されない。だから非常に慎重に動く。しかし、もうそれしか日本の生き残る道はなくなったんだろう。単純な労働や、単純なサービスでは生きられないから。

 でも、カリキュラムをいじくっても学校現場がいくらでもやったふりをするから実効性はないだろう。一番良いのは結果を求めめる。一番簡単なのは、コンピュータでインターネットを利用できる環境でテストをすれば良いと思う。こうすれば単なる知識問題は出せなくなる。そしてグループで問題を解くのです。

 もう少し具体的に妄想します。

 国語、社会、数学、理科、英語の5教科のそれぞれに1日を費やすのです。子どもたちは6人ぐらいのグループにします。グループ構成は同じ学校の生徒が混じらないようにするのです。そして、グループ構成は、毎日変わります。子どもたちは試験会場で自分のグループを見つけ、その部屋に行き初対面の人たちと出会うのです。そこには課題が置かれています。それは現在でもハッキリしない問題です。例えば、「邪馬台国が日本のどこにあったと考えるか?」のような問題です。子どもたちはコンピュータを駆使して情報を収集し、議論し解答を作成するのです。その様子は映像で記録されます。

 大学は解答を採点し、その総合で足切りをします。その上で映像を精査し、面接を行い合否を判定します。

 ものすごく大変です。が、これをやれば単なる知識偏重の子は生きていけません。人との協調性の無い子は生きていけません。しかし、一流大学の研究者が自らの研究室に欲しい人材を見いだすのには有効です。そして企業が欲している人材を見いだすのには有効です。

 もし一流大学がこの方法を採用したらどうなるでしょうか?今の高校教育は瓦解します。そして、それは一流高校に波及するでしょう。だって、一流大学に入るから一流高校なのですから。そうなれば今の中学校教育は瓦解します。

 インターネットで検索すれば答えが直ぐ出るような知識量で高等教育に対する適正をはかっていること自体馬鹿馬鹿しいと思います。

 当然、以上のようなテストでは手が出ない子もいます。しかし、そのような子はもともとアカデミズムの方向に進まなければ良いのです。高学歴が良いという馬鹿馬鹿しい幻想を脱し、多様な方向に進めば良い。感性と技術によって生きる道において、いくらでも花開くはずです。

 怖いことですが、それは大学も同じです。上記のテストに耐えられる子どもを獲得できない大学は、大学としてなりたたなくなります。

追伸 そういえば私の大学の授業がほぼ同じであることに気づきました。

toukonyukitoukonyuki2015/02/18 04:10大学入試の新しい形…私なんかは思いもつかないことを西川先生は考えておられることに,あらためて敬服いたします…。本当にそんなふうになったら世の中がガラリと変わるだろうなあ…。なったらいいなあ。

jun24kawajun24kawa2015/02/18 15:24みんなが情報発信すれば良いのです。