西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

15/02/13(金)

[]最終講義 22:51 最終講義 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 最終講義 - 西川純のメモ 最終講義 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は最終講義も退職の会も嫌だ。ま、周りから色々言われるでしょう。我が儘だと言うでしょうね。でも、私の大学院の指導教官はそれを押し通しました。私も色々言いました。が、今は分かります。ま、我が儘なのです。でも、年を取ったら我が儘を通したい。

[]飲み会のルール 22:12 飲み会のルール - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 飲み会のルール - 西川純のメモ 飲み会のルール - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は単純な基本ルールを自分に課します。それが良いからです。ま、単純バカの理系人間ですから。

 飲み会における私の行動ルール。

 私がワンノブゼムの時は参加しません。

 私が一定の役割を果たさなければならない立場の時は参加します。しかし、最短で5分、で静かに消えます。

 私のゼミの会は1時間半ぐらいはいます。でも、会の終わりにはいません。

 上越にいる場合でそれ以降まで参加するとしたら、大学やゼミ生のために参加する必要があるときです。

 以上のルールの根源的な理由は、家にいた方が良いからです。だから早く帰りたい。こう思える自分の今を幸せに思います。

追伸 その同じ理由で、とにかく出張が嫌いなのです。

[]フェードアウト 21:54 フェードアウト - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - フェードアウト - 西川純のメモ フェードアウト - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私も55歳と半年です。今は、どのように消えるかを考えています。

 若い頃から、これは私で無ければ出来ない、と思い込んだことがあります。ところが、いざやめてみると上手くいくのです。もちろん、やめ方が大事ですが。そして、やめることによって、その先のものが見えてくるのです。

 三十代前半までは、自分の頭でバンバン論文を書きました。

 三十代後半になると、院生さん・学生さんと一緒にやるようになりました。そうなると、私のパワーは数倍になります。そして、私の発想を超える結果を出してくれるようになりました。

 四十代前半になると、それまでの理科教育学から離れ始めます。そうなると、教科教育を俯瞰的に見られるようになりました。そうなると教科教育とは何かを考えられるようになりました。

 四十代後半から学校組織に関わるようになりました。そのため、研究室運営を学生さんにどんどん任せるようになりました。とにかく忙しいからです。ところがゼミ生は見事に乗り越えていきます。私がゴチャゴチャやるよりいい。『学び合い』のセオリーの深さがどんどん分かります。そして、組織を動かすことによって、私の願いはさらに大きくなることを知りました。

 五十代前半からは自分の研究を本格的に実践に適用しました。もちろん、以前から実践と理論の往還があります。ただ、私が関わっている人は私の考えを理解しようとする人です。このころから理解したくない人とのつきあいがあります。これは学者が経験しなくて良いことです。でも、それによって、日本全国の人とつきあうことが出来ました。日本の研究者の中で他県の校長人事、教育長人事が気になる人はそう多くはないと思います。

 そして、今は五十年代後半に入ります。研究の成果を実践に還元する仕事が本格的です。我ながら笑うほど本が書けます。ここで一気に進ませようと思っています。ただし、六十年代のフェードアウトをどうするかを本気で考える時期です。

 江戸っ子の美学としては、きれいに消えたい。ま、惨めに消えるのでしょうけど。

 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20131222/1387713620

1111.26.5