西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/09/30(火)

[]バカ 22:03 バカ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - バカ - 西川純のメモ バカ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今日、あるバカから電話が来ました。教員採用試験合格したそうです。そのバカ教員になりさえすれば、子どもたちを育てられるし、職員室の大戦力になることは、確信していますしかし、教員採用試験勉強はしそうもないし、そしてバカなのです。だからなかなか合格しなかった。それが合格した。よかった。その子はもちろん、その子合格した県もです。抱っこして、ナデナデしたかった。

 何度も書きましたが、私はバカが大好きです。

追伸 合格の報告を聞いた後、最初に言ったこと。結婚と子作りに直ぐに邁進しなさいです。これは私のゼミ生だったら分かることですよね。

[]囲碁 21:35 囲碁 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 囲碁 - 西川純のメモ 囲碁 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日ゼミ生に語ったことです。

 ゼミ生は色々な悩みを言います。大抵は身近な身近のことです。私は承って、アドバイスします。そうすると、その身近での状況を事細かく話し始めます

 私が言うのは、以下の通りです。

あなたの身近で何をすべきかは私ではなくあなたしかからない。私は可能性のある解決策を喋るけど、それを採用するかしないかはあなたが決めればいい。だってあなたの身近のことはあなたの方が絶対に分かるから。だから、私の喋っていることのどこを使い、どこを無視するかはあなた判断でやっていいよ。あなた判断を信じている。だけどね、あなたあなたの身近のことしか考えていない。あなたの身近なことで解決出来ない時、それでもあなたの身近なことの解決に拘っても解決策は見いだせないだろう。どうするか、もっと広い立場物事を見るべきだ。身近な問題に関して、考えら得る対処療法はしてもかまわない。しかし、大きな視点で考え、解決策を考えなければならない。

 あなた問題本質的に解決するには、あなた学校ではなく、あなた市町村を変えねばならない。あなた市町村を変えるためには、あなたの県をかえねばならない。あなたの県を変えるには日本を変えるしかない。私の言っていることは抽象的に感じるかもしれない。でも、それ以外に出口はない。では、どうするか?それは日本中の志の高い人と付き合って、市や県を変える良い悪巧みをするしかない。例えば・・・』(以降、やるべきことをアドバイスしました)

 多様な人と折り合いを付けて自らの課題を解決すること、この子どもに語っていることは、今の自分においても真理なのです。

 私は囲碁が好きです。局面で負けそうになっても、それを捨て、盤面全体に目を転ずれば色々とできることはあります。そして、それをやれば難攻不落だった局面が変わります

追伸 そのあと、学校問題を県レベルにとらえなおすと出口があることを具体的に示しました。ただし、即効性はありません。しかし、可能性が高い。そして、即効性の高い方策はないのですから