西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/09/12(金)

[]一人も見捨てたくない 22:18 一人も見捨てたくない - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 一人も見捨てたくない - 西川純のメモ 一人も見捨てたくない - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日のゼミ生との会話。

 『学び合い』での学校観を説明した際、ゼミ生から最後まで話し合わない関係はありえるか、と聞かれました。私の返答は、もちろん、です。『学び合い』の集団においても一人も見捨てないということは集団として見捨てないと言うことです。個人のレベルでは関係を断つことは十分にありえます。見捨てないとして、その程度は1か10か100かはケースバイケースです。ようは0にすると自分に不利だと分かればいいのです。『学び合い』では無理なことは言いません。

 さらに言えば、『学び合い』の集団として成り立つための集団としての合意、その基礎となる管理職や法がなりたった場合に「一人も見捨てたく無くない」です。『学び合い』は博愛主義や人道主義から出発しましたが、『学び合い』は博愛主義や人道主義ではありません。それは利己主義であり功利主義です。ただ、世にある道徳的な徳目は、その利己主義や功利主義と一致しています。ただ、表現の違いなのです。そのあたりを冷静に『学び合い』は見極めています。だから、管理職や法が無い場合、『学び合い』は成り立ちません。そこには非生産的な利己主義と功利主義があります。しかし、仕方がありません。博愛主義や人道主義では無く、利己主義や功利主義で乗り越えます。その利己主義や功利主義を成り立たせるための装いが、博愛主義や人道主義なのです。

 私にはウエットな願いがあります。しかし、その願いを実現するためにはドライにならねばなりません。

[]挨拶 21:39 挨拶 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 挨拶 - 西川純のメモ 挨拶 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学校現場、というよりどんな仕事でも、生き残れる人は以下をやっています。

 おはようございます。有り難うございます。すみませんでした。私が何か出来ませんか。お先に失礼いたします。

 この5つの言葉と、その言葉に沿った行動をした人は生き残ります。逆に、それを出来ない人は生き残れません。

 働いている人の一定の割合以上の人は、それを出来ます。ただし、面と合っている人にたいしてです。ところが、ネットでのつきあいでは、この大人のルールを守れない人が少なくありません。

 面と会っていない人のことをリアルにイメージ出来るか否かです。

[]1021:14 10年 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 10年 - 西川純のメモ 10年 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、ゼミ生から誕生日を祝ってもらいました。私の誕生日は先ですが、休日なので一足先です。

 55歳です。本学の定年が65歳ですので、あと10年です。短いようですが、それだけあれば十分に感じます。私は一人ではありません。同志がいます。