西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/09/11(木)

[]理科だからできる本当の「言語活動」 16:12 理科だからできる本当の「言語活動」 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 理科だからできる本当の「言語活動」 - 西川純のメモ 理科だからできる本当の「言語活動」 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『理科だからできる本当の「言語活動」』という本のタイトルから、理科に関係する人に向けての本のように誤解されるかもしれませんが、違います。より広い範囲の方々に読んでいただきたい本です。それは二つの意味からです。

 最近、私が書いている本は『学び合い』のノウハウ本が中心です。しかし、『学び合い』の特徴は学術研究に基礎づけられているところです。『学び合い』の初期の本は、具体的な学術研究をわかりやすく解説し、こういう風な子供の姿がこのように変わったという本を書いています(けっして難しい本ではありません)。私の元々の専門が理科教育学だったので、初期の研究は理科の学習場面を中心としています。

 それらの本は絶版になって手に入らなくなりました。中には高額でネットで取引されているものもあります。『学び合い』の実践されている方々は、自分たちが実践している『学び合い』がどのようなデータに裏打ちされているかを知っていただきたい。そこで、過去の本に書いた事例を精選し、その後に明らかになったことを加えて整理した本が、『理科だからできる本当の「言語活動」』です。先に述べたように、私の元々の専門が理科のため事例の中心は理科となっていますが、他教科に置き換えられない事例は一つもありません。

 『学び合い』がどのように形成されてきたかを知るにはベストな本です。

 もう一つの意味があります。学習指導要領に「言語活動」が明記されたため、多くの学校でも言語活動を取り入れています。しかし、残念ながらツールとしての言語が扱われているにとどまり、活動がおろそかになっています。その端的な例が国語における言語活動です。それらで行われてるものが、将来の生きる力となる言語活動とはほど遠く、実験室的な言語活動です。その現状に多くの方が気づいてほしいと思います。そして、気づきさえすれば、教科ごとに豊かな言語活動が可能です。その手がかりが書いてあります。

 宣伝いたします。

http://goo.gl/vWtjQr

追伸 同志の方々は、是非、研修会等で宣伝お願いします。http://goo.gl/WF7CAL