西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/09/07(日)

[]残るもの 22:12 残るもの - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 残るもの - 西川純のメモ 残るもの - 西川純のメモ のブックマークコメント

 大学院生の時、私の論文が学会誌に掲載されることが決まった日の夜、散歩をしました。星を見ながら、おのれが死んだ後もどこかの図書館に自分の書いた論文が残ることをジワジワと感じ、感激しました。若い私は、そんなことを思ったこともありません。1年後、自分の書いた論文が外国の学術誌に掲載されたことを知りました。私が死んだ後も、世界中の主要な図書館に私の論文が残ることを感じました。

 芸人は一瞬、一瞬が勝負です。自分のパフォーマンスが後に残ること以上に、今が勝負です。結果として、そのパフォーマンスが後に残るかもしれません。でも、意識は「今」です。そして、現場における研修会の99%は講演する側も、受講する側も、「今」を求めています。

 さて、教師はどちらでしょうか?

 私の知る限り、教育実践の99%以上は後者です。今日の授業をどうするかです。結果として、子どもの人生に影響を与えるかもしれないし、与えたいと思っていますが、それを必須とは思っていないと思います。模擬時授業や研究授業がわかりやすい例です。そこで子ども成長が扱われるのは、配布される資料の中の学習指導要領の記述程度です。

 我々は芸人でしょうか?いいえ違います。我々は子どもに人の道を教え諭す教諭です。

 我々に芸人のテクニックは必要でしょうか?確かに私は使っています。それは一発勝負の講演会です。おそらく、模擬授業や飛び込み授業では、そのテクニックがあると無いとでは天と地ほどの差があります。でも、一般の教師が必要でしょうか?必要ありません。テクニックがあっても、無くとも、子どもは教師の人を見ます。少なくとも4週間以上、週に数回会うレベルの子どもの2割はそれを見極めます。そして、その他の子どもは、その子の言うことを信じます。

その2割の子どもが、この人に「従おう」と思うのはその人の芸人のテクニックではありません。分かりやすい授業でもありません。だって中の下に合わせた授業なんてもともと分かっていますから。では、何が決めてか?

学び合い』では、それは人の道を明らかにすることだと思います。そして、それはテストの点数と矛盾しません。少なくとも、下げることはありません。

[]ニーズ 21:44 ニーズ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ニーズ - 西川純のメモ ニーズ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある教育関係の学会で若い大学院生の発表を聞いていました。いかにも研究のための研究です。そこにいた現職派遣院生が発表の後に、その教材は絶対に学校現場では使えないことを「柔らかく」指摘しました。しかし、その大学院生はキョトンとした顔をして、それが何か問題があるのかと応えました。その反応に現職派遣院生はキョトンとして言葉を失いました。

 これには少し解説が必要です。

 例えば、ウイルス学の学会でエイズウイルスの遺伝子についての発表があったとします。しかし、その研究はエイズ治療に役に立ちません。そこでそこに参加した医者が、その研究成果はエイズ治療に役に立ちませんと指摘したとします。おそらく発表者はキョトンとした顔をして、それが何か問題があるのかと応えるでしょう。そして、その言葉を聞いた医者はキョトンとして言葉を失うでしょう。

 つまり同じ「教育」という言葉でも、学会で使われる意味と学校現場で使われる意味は違います。

 ウイルス学の存在する意義はあります。それと同じようにウイルスを学校現場に適用する研究が必要であり、事実あります。ところが、教育学において、後者が殆ど無いに等しいのが現状です。端的な例は、大学研究者の中で現場教師向けの本を書く人は1%もいないでしょう。しかたがありません、今の大学においてそのようなものは評価にならないからです。私は助教授時代から現場教師向けの本を書いていましたが、それらは教授昇任のポイントにはなりません。ま、趣味程度の扱いです。私の教授昇任で評価されたのは学術論文と学会賞です。だから大学研究者はそこにエネルギーを費やします。

 犯人は誰か?若い頃は直ぐに言えました。今は、言えません。みんな悪気は無いのです。

toukonyukitoukonyuki2014/09/08 03:34芸人には到底なれないと自覚する私ですが,人としての道をきわめていけばいいなら(それも大変なことですが),それならできるかもと思えます。今は毎日「自分への挑戦だ。挑戦することが大事。」って言い聞かせながら過ごしています。いつも励ましをありがとうございます。

jun24kawajun24kawa2014/09/08 07:16人としての道を究める必要も無いし、多くの人にとっては無理です。我々は色々な人と折り合いを付けることが自分にとって得であることを語り、日々の学習の場面でそれが成り立っているか否かを評価し、考えさせれば良いのです。そして、子どもに語りながら、自分にも買ったっているのです。