西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/07/25(金)

[]不思議な教師人生 21:41 不思議な教師人生 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 不思議な教師人生 - 西川純のメモ 不思議な教師人生 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ふと思います。私の教師人生はかなり変わっています

 25歳ではじめて高校教師になりましたが、定時制高校だったので教え子に42歳のHさん、36歳のNさんがいました。

 27歳で大学教師になりましたが、私の教え子は三十代後半の院生が中心です。

 私の教え子全員が私より年下になったのは私が45歳ぐらいになってからです。つまり、ここ10年間ぐらいです。こんな教師人生はごく希だと思います

 しかし、そのため、若年のゼミ生に対して基本的に大人として扱う癖がついています。同時に、どんな年齢(自分より年上ででも)であっても教え子は可愛いと思えるようになりました。

[]大人の飲み会 21:16 大人の飲み会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大人の飲み会 - 西川純のメモ 大人の飲み会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 48歳以上の教え子3人との飲み会です。久しぶりの大人のだけの飲み会。考えてみると、5、6年ぶりです。研究者としての出発点は私より遅いですが、ぐんぐん追い越してくれます。ありがたい。いつも通り、1次会で帰りました。おそらく2次会では、私のプレッシャー愚痴を言い合いながら建設的に進むでしょう。

[]宣言 21:16 宣言 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 宣言 - 西川純のメモ 宣言 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 閣下より、「書く気になりました」との宣言。そしえ、自分が本を出せばMさんへのプレッシャーがになるとのこと。いいな~。

 我がゼミは、互いにプレッシャーを及ぼすことによって、みんなが高まる甲子園へ行くチームみたいなものです。もちろん、私のプレシャーはきっかけに過ぎません。自らが自らにプレシャーをかけるようにならねば。そのためには、自らのプレッシャーを自らが乗り越えられるように感じられるようにしなければなりません。一般的には支え合う手段です。しかし、研究者としてトップを走るためには、自らがプレッシャーを課し、自らが乗り越えられねばなりません。

 そのための敵役になることを厭いません。