西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/07/24(木)

[]公 08:42 公 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 公 - 西川純のメモ 公 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は国語の陶冶価値は、日本という国を理解し意識することだと思っています。

 中国の鶏肉問題は何故起こったのでしょうか?食品加工には様々な人が関わります。特定の人だけが非常識であっても、周りが気づけば内部告発があります。それに内部告発もあるだろうということで、非常識な人も暴走しません。しかし、今回の事件を見る限り、周りの人も「まあ、それぐらいは・・」と思っていたし、非常識な人もそう思うだろうと想定したのだろうと思います。しかし、中国の方々は一人一人会えば、ごく普通です。では、何故、こんな問題が起こるのでしょうか?私なりの理解です。

 それは「公」という概念があるか、無いかだと思います。

 基本的に近代以前の社会には公という概念は希薄です。「仁・儀・礼・智・忠・信・考・悌」という日本の徳目は中国に源がありますが、その中国にも公という概念が希薄です。例えば、三国志、水滸伝を読んで下さい。そこに現れる仁・儀・礼・智・忠・信・考・悌は全て、個人対個人もしくは自分の狭い眷属に対してのものです。諸葛孔明は劉備玄徳のために数十万の人を殺しても恥じません。それが近代以前の仁・儀・礼・智・忠・信・考・悌だと思います。

 だから知り合いとして非近代人と接する時には、今の日本と変わりありません。しかし、知り合いでない非近代人と接する時は、相手は自分を「人」として認識していないと考えた方が正確だと思います。それは中国の方々ばかりではなく、日本も江戸中期以前はそうです。

 では、何故、今の日本があるのでしょうか?そのあたりを国語の方に明らかにしてもらいたいと思います。そして、意識的に教材にして欲しいと思います。

 例えば、桃太郎が鬼ヶ島から持ってきた宝物で親孝行したでハッピーエンドにすると前近代的です。しかし、鬼によって奪われた人たちに分け与えたという話になると近代的です。

 ま、国語の専門外の独り言です。