西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/07/21(月)

[]若い人 21:32 若い人 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 若い人 - 西川純のメモ 若い人 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今日の記事を書きながら、嫌な気になります。無防備な相手に力を入れた戦うことが嫌です。勝っても、何も意味が無い。

 私からアドバイスです。若い人が戦う場合、40代後半以降の人のアドバイスを受けるべきです。おそらく、その人がまともな人ならば、戦うことを避けることをアドバイスするはずです。その代わりに、相手が防御をしていないところを、5年間かけて固めることを勧めるはずです。でも、おそらくそれ以上に戦わずに、自分の良さを高めることを勧めるはずです。

 きっと相談する人が身近にいないんだろうな~っと思います。

 私は上司に恵まれました。むちゃくちゃに。私が勤め始めた25歳以降、長らくお仕えしたボスが退職するまでの三十年弱、常に、全幅の信頼をするボスがいました。毎日、数時間相談しました。大抵は、褒めてもらえました。そして、尻を拭いてもらいました。だから、かなり大胆たことをし続けたのに。間違いは殆どありません。

 若い世代に、私が受けた恩沢を味あわせたい。

[]読んでいただけた 20:55 読んでいただけた - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 読んでいただけた - 西川純のメモ 読んでいただけた - 西川純のメモ のブックマークコメント

 仲間からTOSSトークライン8月号の記事が送られてきた。内容は、是非、ご自身でお読みください。

 とても嬉しかったのは、今回の記事は、『学び合い』に対するご批判です。前回のご批判は学びの共同体と『学び合い』の違いが分からず、ちゃんぽんになっていたことです。また、批判の対象が低レベルすぎていました。ま、「マスクをつけているか否かのレベルよりはましですが」(インフルエンザ騒ぎの時は、日本全国、マスクをつけた教師だらけなのですが。あははは)

 その意味で”学び合い”ではなく、『学び合い』のご批判になっていることを喜びます。

 が、残念なところがあります。それは批判の原典が『学び合い』スタートブックの1冊だけである点です。さらに、その一部分だけをお読みなっているようです。おそらく、批判の材料を探されているのでしょう。

 個人特定される批判をする場合、それに対しての準備が必要です。私だけでも、『学び合い』に関する書籍を20冊以上書いています。そして、その背景となる学術論文は100以上書いています。それを1冊の拾い読みでやるという大胆さが面白い。

 だから、批判をするとしたら、「スタートブックの私の書いた部分ではよく分からない」ならば正鵠を得ています。あの本は、『学び合い』の良さを伝えることが目的です。主題は実践をされている方々の文章であって、私は刺身のつまですから。つまが美味しくないと言われたら、その通りですとお応えします。

おそらく、向山先生もご自身の著作の1冊だけのごく一部を引用され、それを批判されたら遺憾に思うでしょうね。私は向山先生を高く評価しています。その願いを受けつく人が、その先生が「出口論争」でどれだけのエネルギーを費やしたかを知らないのは残念です。

 と書きました。

 これをご批判を書かれた方が読んだら、怒り狂うでしょうね。ま、最後まで読まないと思います。が、読んでいたら、以下をお読みください。

 私の文章はわざと怒り狂うように書いているのです。あなたが怒り狂えば、こっちの思うつぼです。罵詈雑言を繰り返すでしょう。たしかに、あなたに同調する人には心地よいものです。しかし、それによって同調者は増えません。もとからの同調者が「そうだ、そうだ」と思うだけです。そして、罵詈雑言が品を失えば、中間層から見限ります。それがこっちの思うつぼだということです。

 もし心ある方だったら、向山先生がどれほどの批判にさらされていたかを学んでほしい。それに立ち向かうために、何をなしたかを学んでほしい。出口論争を学んでほしい。そして法則化の初期段階で私財を費やしたことを知ってほしい(私には絶対出来ないことです)。私は法則化やTOSSを高く評価しています。過去のあらゆる記事を見直してください。同時に、違う立場であることも確かです。でも、多様であることは大事なのです。そして、『学び合い』とを学んでほしい。願う方向性は同じです。ようは、あなたが自分の道を見いだせば良いことです。そのとき、『学び合い』のテクニックではなく、『学び合い』のセオリーが見えるはずです。

[]山梨の会 20:04 山梨の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 山梨の会 - 西川純のメモ 山梨の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 8月9日に会があります。お誘いします。http://manabiai.g.hatena.ne.jp/goemon-lebesgue/20140721

[]思い 20:02 思い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 思い - 西川純のメモ 思い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 明日は民主党の全国の女性地方議員の前で講演します。今は、東京です。

 伝えたいことが多すぎて絞りきれない。今も、プレゼンを推敲しています。

 ようは、生の『学び合い』を見に来てくれる人が何人かなのです。分かっているのですが、言いたい。加えたい。

FlipperKFlipperK2014/07/21 20:47素敵な結果を願っています。

jun24kawajun24kawa2014/07/22 05:51おまかせあれ