西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/07/02(水)

[]感動 05:38 感動 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 感動 - 西川純のメモ 感動 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、いきなり院生さんの前で十分間話すことになりました。私は基本的に話をちゃんと組み立てて話します。当意即妙は不得意なので困りました。その時、頭に思いついたことを書きました。以下のようなことを話しました。

 皆さんは授業中に感動したことがあるでしょうか?感動して涙したことがあるでしょうか?おそらく、部活や運動会、体育祭、特別活動ではあるかもしれません。でも、授業中に感動し涙したことがあるでしょうか?無いと思います。では、何故無いのでしょうか?

 それは人が最も感動する対象は人であり、人と人との営みだからです。授業においてそれが無いから感動できないのです。

 みなさんは何のために教師になったのでしょうか?計算が速くするため、大化の改新の年号を言えるようにするため、ではないはずです。だから、心ある教師は部活にエネルギーを注ぐ。しかし、それは邪道です。教師の仕事の本体は授業です。

 授業とはどうあるべきか?そもそも学校教育は何のためにあるのか?そのようなことは空理空論、建前論のように思われます。しかし、それに対して自分なりの考えを確立することは最も大事なことです。子どもは教師を何で判断するか?教材や発問、指導法でしょうか?違います。皆さんが子どもだった時を思い出して下さい。子どもは教師の人を見て、その人に心から従うか、否かを決めます。その時、そもそも、が大事です。

 現場は忙しい。「そもそも」をじっくりと考える時間は無いかもしれません。だから、この2年間の中で授業とはどうあるべきか?そもそも学校教育は何のためにあるのか?を考えて、自分なりの考えを確立して下さい。

追伸 後で修士1年の院生さんが「久しぶりに講義らしい西川先生の話を聞いた」としみじみと言っていました。ま、私の講義では、いわゆる講義はしませんから。

scorpion1104scorpion11042014/07/03 12:46「アルジャーノンに花束を」の本は、幸せって何かを考えるときに浮かぶ本です。私にとっては衝撃的な本ですね…。

jun24kawajun24kawa2014/07/03 16:17はい、キースの最高傑作ですね。