西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/06/27(金)

[]古典 21:23 古典 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 古典 - 西川純のメモ 古典 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は国語の陶冶価値は、日本人固有の価値観の共有だと思っています。だから、古典は現代語で読むべきだと思っています。その代わり、より多くの古典を読ませたい。

 しかし、学生は古典を読みません。夏目漱石すら読んでいません。せいぜい、十年後には消え去るもの程度です。具体的は、アマゾンで「1円」で流通しているような本です。それでもあれば凄いものです。

 何故だろう、と思います。

 庶民文化が高まったのは江戸時代中期です。その頃は歌舞伎が文化です。都市地域の市民は歌舞伎を通して価値観を共有していました。「だいじゅう」と言えば太閤記十段目のことです。忠臣蔵は常識でした。

 この前、学生の馬鹿話の中で桃太郎のサル、犬、キジが知仁勇の象徴であることを話したらビックリしました。そもそも昔話などの勧善懲悪の規準の中には外国人には理解できないものは少なく無いと思います。逆に、グリム童話は日本人にはこれが童話なのかとビックリするものがあります。これこそが国語国語たる意味だと思うのです。

 国語の専門家の方からお叱りを受けることを十分に理解した上で申します。

 ありおりはべり、なんて学ばなくても良いと思っています。もちろん、学んだ方が良いことは分かりますが、それ以上に大事なものがあると思います。

 作品の中に秘められたものを、なにげに書かれている言葉から読み取ることを学ばなくても良いと思っています。もちろん、学んだ方が良いことは分かりますが、それ以上に大事なものがあると思います。

 では、何を学ぶべきか。それは、その作品を読んで多くの子どもが分かること、共有していることが固有の価値観があることを意識的に理解することなのだと思います。

 長崎県の原爆資料館の中で、原爆の模型の前でポーズをしながら記念撮影をしている中国人観光客を見ました。正直、カッとしました。そして、共感する日本人は少なく無いと思います。でも、記念撮影をしている中国人観光客に悪意はありません。価値観が違うのです。おそらく、逆のことを日本人観光客はしていると思います。

 私は国語教育に大鉱脈を提案しているのです。「深い読み」より、より多くの日本人に納得する陶冶価値があることを提案しているのです。

munehiromunehiro2014/06/28 23:34本日は、みんなで最近した語りを出し合い、感動の共有しました。
楽しいひと時でした。

jun24kawajun24kawa2014/06/29 05:11広がり、深まっていますね。