西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/06/17(火)

[]校長の喜び 21:50 校長の喜び - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 校長の喜び - 西川純のメモ 校長の喜び - 西川純のメモ のブックマークコメント

 う~ん、書くべきでは無いと思うのですが、どうしても書きたくなって書きました。

 高校教師から大学教師になって、毎日、「何で大学に異動したんだろう」と酒を飲みながら泣きました。自己憐憫です。教員として子どもと接する喜びを知れば、当然のことだと思います。でも、教員の喜びとは何でしょう?感激の涙を流すほどの喜びです。

 現状の授業で、それを感じられる教師がどれだけいるでしょうか?

 私の元々の専門は理科教育です。理科の授業で「良かった」、「やった」と思えて満面の笑みを浮かべられる授業は私にもかなりあります。そして、「ぞくぞく」として「俺って、凄い」と思える経験もかなりあります。しかし、『学び合い』以前に「教師という職業は凄い」、「生きてて良かった」と感激し泣いたことは一度もありません。

 だから、おそらく心ある教師はその埋め合わせに、総合的な学習の時間や部活の時間に燃えます。でも、『学び合い』なら、その感激を教科学習で感じられるのに。

 でも、校長の喜びって何だろう、と思います。

 校長だって、教師の心があれば、私が大学に異動したと同じように心の渇きを感じるでしょう。では、どうやって渇きを癒やすのだろう。

 多くの学校には「○○っ子」云々かんぬんという取り組みがありますが、見ても横並びの感をぬぐえません。また、大きな大会を誘致し、目立った実践を発表することもあるでしょう。でも、その実践に普遍性はありません。「良かった」、「やった」と思えて満面の笑みをを浮かべられることは出来るでしょう。そして、「ぞくぞく」として「俺って、凄い」と思えるこどもあるでしょう。しかし、「校長という職業は凄い」、「生きていて良かった」と感激し泣いたことがありえるでしょうか?無いと思います。

 私にとって子どもはゼミ生です。そして、全国の同志です。その人たちが子どもに接し、その子どもの姿から「教師という職業は凄い」、「生きていて良かった」と感激し泣いた経験を知ることによって、「大学教師という職業は凄い」、「生きていて良かった」と感激して泣きます。私のなにがしかの言動が、教師とそのクラスの子どもの幸せに繋がったと確信できるからです。

 おそらく校長にとっての喜びは、私と同じだと思います。管下の職員を動かし、その職員が子どもの姿から「教師という職業は凄い」、「生きていて良かった」と感激し泣く時、はじめて、職員と子どもの幸せの実現の自らの存在意義を感じます。

 さて、この喜びを感じられる人がどれほどいるでしょうか?これを実現するには、「良かった」、「やった」と思えて満面の笑みを浮かべられる授業や、「ぞくぞく」として「俺って、凄い」と思える授業では無く、「教師という職業は凄い」、「生きていて良かった」感じるには何が必要かを理解しなければなりません。

 そして、校長はごく普通の教師、さらに言えば、それ以下の教師にも、その感激を与えるのが仕事です。そのためには、シンプルなセオリーに基づき、みんなとやるしかありません。分からない人には、分からないだろうな。