西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/06/15(日)

[]伝え方 06:50 伝え方 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 伝え方 - 西川純のメモ 伝え方 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日で九州ツアーが終わりです。ふ~

 この1週間、いろいろな場所で、繰り返し語ったことを申します。それは『学び合い』の伝え方です。

 第一のルールは「分からない人に伝えない」というルールです。人は分かりたいことを分かるのです。分かりたくないことは、どんなな根拠と論理を積み上げても無理です。数学の証明のように、一分の隙無く積み上げても、最後は「分からない」の一言で終わりです。そして、その人が自分より職階が高い場合は、非常にいずらくなります。だからやめましょう。

 では、自分より職階が高い場合はどうしたらいいでしょうか?

 まずは、その人の見える範囲では『学び合い』を見せないことです。やめるではありません。一斉指導っぽい『学び合い』をすればいいのです。『学び合い』で一番大事にするのは「一人も見捨ててはだめだよ」という説教です。そこを大事にして、それっぽくしましょう。

 その管理職が、細かくチェックするような人だったら、「しっかり聞いて、無視する」のです。つまり、ものすごく納得し、同意したふりをして、その人の指示に従いません。そして、「なんで、指示に従わない」とご指導が来たら、思いっきりビックリした顔で「いえ、指示に従いました。どこが駄目なのでしょうか?」と聞くのです。そして、その校長が延々としゃべり始めたら、真剣に聞いて、申し訳ない顔をして、「なるほど、すみませんでした。わかりました」と応えます。そして、無視するのです。思いっきり無能のふりをすれば良いのです。もちろん、どうでも良い部分は少しは従いましょう。

そんなこと出来るわけ無い、と思うかもしれませんが、ご結婚されている方だったら、奥様のご指導に対して旦那がどのように対応しているかを思い出してください。ツアーでこの例を女性の方にお話ししたら、大笑いして納得していただきました。

なお、自分に個人的に指示が来て、全体に徹底することを求められたら、「私には出来ません。全体の前で直接指示してください」と言うのです。無能であることを前面にアピールし、ものすごく申し訳なく言うのです。そして、その指示をした場合、分からないので教えてくださいというスタンスで質問するのです。

例えば、「一人学びの時間が必要だ」という指示が来たらば、「何分なのでしょうか?」と聞くのです。その後、自分のクラスの子どもの名前を一人一人挙げて、その子の特徴を述べ、どんな時間設定をしてもフィットしない子がいることを述べるのです。ま、「自分で考えなさい」と言うと思いますが、「すみません、時間設定をどうしたらばどうも分からないのです。教えてください」と言います。この繰り返しです。そのうち、ご自由にという風になります。

 第二は「分かりたい人に伝える」です。こちらから近づいて伝えようとすると、路上で宗教勧誘を受けたように拒否します。やめましょう。『学び合い』の「ま」の字も言わず、ただ『学び合い』における子どもの姿を楽しそうに語るのです。そのうちに、分かりたい人が近づいてきます。そうしたら合同『学び合い』をしましょう。そのために「『学び合い』ジャンプアップ」を書いたのです。とりあえずは週1回の合同『学び合い』を勧めてください。『学び合い』と学力向上のことを説明しても無理です。あくまでも人間関係作りの説明にすることが大事です。そして、その人と楽しげに合同『学び合い』での子どもの姿を職員室で語るのです。

 そうしたら、別な人が近づいてきます。そのときです。あなたが説明しては駄目です。一番知っている人が最善の教え手では無いということは『学び合い』の基礎の基礎ですよね。あなたが最初に伝えた人、そして、腑に落ちきっていない人に説明してもらいましょう。その説明の方が最初にやり始める人にとっては、分かりやすい。そして、あなたが最初に伝えた人は、人に説得する過程で自分が納得するのです。

 そして、ブログやFBなどで積極的に情報発信しましょう。より広い範囲の人と繋がる。繋がりは力です。あほな管理職はいますが、それと同数、賢い管理職はいます。志の低い管理職はいますが、志の高い管理職もいます。そのような人と繋がりましょう。

kanjii4dakanjii4da2014/06/15 19:19jun先生、この文脈で本が一つできそうですね。そしたら買います。あら、私だけではダメですねぇ・・(^_^;)
九州ツアー、本当にお疲れさまでした。こんなに短い間隔でjun先生と身近にお話しできるなんて昨年の12月には思ってもいませんでした。先ほど先輩Y校長から福岡に行って話しました・・と、メールが来ました。(^_^;)
様々アイデアが次々に思いつきます。できることから一つずつ始めていきます。そして、そのことをブログに書きますね。本当にありがとうございました。また、お疲れさまでした。

jun24kawajun24kawa2014/06/16 18:40ありがとうございます。
ばく進しましょう!

karakusa01karakusa012014/06/17 05:25九州ツアーお疲れ様でした。
【伝え方】参考になります。今、日々悩んでいることです。本校の管理職は賢く志も高い方だと思います。焦らず結果を出そうと思います。

jun24kawajun24kawa2014/06/17 09:21広島にいっしょにいってはいかがですか?ま、無理せずにね。