西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/06/14(土)

[]幸せ 21:08 幸せ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せ - 西川純のメモ 幸せ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今から十年前ぐらい、『学び合い』が研究の世界から実践の世界に広がり始めたときです。私が『学び合い』の手ほどきをした当時四十代の人がいました。力のある方です。でも、『学び合い』を伝えれば、既存の常識を疑うことにあります。結果として、本来では教頭、校長へ進むべきことに障害になってしまうのでは無いか、と思い悩ました。

 『学び合い』を広げることにはプラスになっても、その人のプラスになるか、悩みます。

 が、今は悩みません。それ以降、様々な「偉い」人にあいました。そして、いわゆる出世コースが幸せに繋がらないことを知りました。日本の場合は、経済的にも大して違いはありません。ひとたび退職すれば、素の個人です。そのときのその人の幸せは、まずは家族の時間の関係です。そして、自分が何をなしたか、その確信です。『学び合い』の同志は、おがなしたものが子どもたちの人生に何をなしたかを、確信を持てます。だから、『学び合い』を伝えることに迷いはありません。

 でも、したたかで、志を維持できる人「も」ほしい。

 毎日のやるべきことに関して、周りと軋轢を生じないよう(つまり、『学び合い』のストレート勝負は避けて)実践を積み上げ、でも、一人も見捨ててはいけないというメッセージを伝えてほしい。そして、自分の忍従の日々を若い人に味合わせなくてもいいポジションについてほしい。

 子どもの幸せ、自分の幸せ、まじめに考えてほしい。それが中・長期としてなりたつためには、したたかであらねばなりません。