西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/05/25(日)

[]日本を変える 21:15 日本を変える - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 日本を変える - 西川純のメモ 日本を変える - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ゼミ生には「一人も見捨てない教育・社会を実現する」と言います。短く言えば「日本を変える」です。

 ゼミに入りたてのゼミ生は、みんなレトリックだと思います。ま、普通そうでしょうね。が、1年もたてば私が本気で言っていることが分かります。

 『学び合い』を実践している教室を見れば、それまでの教室だったら救われなかった子どもが救われる過程を見ます。劇的なものは何もありません。ただ、なんとなく普通のこのように見えるようになるのです。その過程に自分も関われば、あ~、ごく普通のことをちゃんとすれば救われる子どもはいるのだと分かります。

 そして、年中、色々な人が研究室に学びに来ます。自分たちの活動を全国レベルで注目されていることが分かります。普通だったら話せない、偉い人と馬鹿話をします。そして、自分の関わっている実践を見せて、その方々が納得し、自分が一度も見たことのない子どもの人生を変えることを実感します。

 だから、1年もたてば私が日本を変えるをリアルに信じ切っていることを感じ、自分たちがそのメンバーの一人であることを実感します。そして、新しいゼミ生からは「西川先生と同じような変な人」と思われます。一方、上級生は「そうだよな~、今はそう思うだろうな~」とほほえましく見ています。

 ここまでは集団の力で伝えることを出来る可能性が高いです。

 が、難しいのはここからです。

 自分が出来るごく普通のことがどれほどの影響力があるかを実感するのは現場に行ってからです。私のやれることはきっかけです。しかし、それを形にするのは現場にいる人なのです。真摯に、誠意ある一言一言、行動がどれだけの人を動かすかはゼミ生は分かっているはずです。ただ、かれらは今、チームではなく一人です。でも、人を動かすのは人なのです。これが実感できるのは成功体験しかありません。

 だから、おじさんは何をすべきかを考えています。