西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/04/29(火)

[]最悪のシナリオ 07:33 最悪のシナリオ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 最悪のシナリオ - 西川純のメモ 最悪のシナリオ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教師に暴言を吐く子、教室を飛び出す子・・・・そんな子どものために悩んでいる先生は少なくないですよね。でも、もっと恐ろしいことがあります。

 高圧的で依怙贔屓の激しい教師がいました。その結果、クラスの全員から総スカンになりました。その教師が切れて「私の授業のどこが悪いというの?!」と叫んだのです。そうしたら、そのクラスで一番成績のよい子が立って、「先生の授業では無く、先生の人間性が嫌いなのです」と静かに語りました。その教師は職を辞しました。

 いわゆる問題児が反発するのではなく、頭の良い優等生が反発したら教師に何が出来るでしょうか?

 その子がICレコーダーを忍ばせ、教師の全ての言動を数ヶ月にわたって記録したら。

 その子がクラスのみんなを主導し、全員がテストで白紙を出したら。

 そして、教師が何を言っても冷静に「あなたの人間性が嫌いなのです」と反応したら。

 そして、周りの教師が説得しようとしたら、綿密な記録に基づくデータで、その教師の問題点を淡々と語ったら。

 荒唐無稽の話ではありません。

 私の子どもの時には、子どもを気楽に殴る教師はいました。今は違います。

 今でも、集会の際にやくざみたいな恫喝の仕方で子どもを脅す教師は少なくありません。どこかの国の将軍様の発言を聞く人民会議のような授業をする教師も少なくありません。問題が起こると校則の禁止事項を増やすことによって解決しようとする学校も少なくありません。

 何が間違っているか?

 それは、日本は民主国家であるにも関わらず、子どもも保護者もそれが徐々に浸透しているということに学校が対応し切れていないということに問題があります。そして教師が絶対権力者になってしまっていることに問題があります。どんな人であっても、絶対権力者になって、それに溺れない人はいません。

 私はそれを避ける方法は、現在、日本でやっていることをやるべきなのです。

 それは学校や教師を子どもや保護者が選択出来るようにすべきです。出来るか、出来ないかでは無く、民主国家ではそれをすべきだと思います。そうすることが子どもや保護者だけでは無く、教師のためにもなると確信しています。

 ま、多くの人は「無理」と思うでしょうね。でも、私は無理とは思いません。少なくとも『学び合い』だったら、現状の学校の施設、スタッフ、予算で問題なく出来ます。

 が、時間がかかるかもしれません。それが動くとしたら、心の病で休職する教師の数が0.5%から1割ぐらいになり、離職する教師が増えて、学校がにっちもさっちもいけなくなれば選択肢は無くなりますから。それまでにどれだけの教師が苦しむのだろうか、と思います。

FlipperKFlipperK2014/04/29 13:12 もう、最悪のしなりをが動き出している気がします。ただ、地方では、それを感じにくい。危機感を抱きます。

jun24kawajun24kawa2014/04/29 14:57では、急がねば。