西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/04/22(火)

[]多様性 21:47 多様性 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 多様性 - 西川純のメモ 多様性 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 この世界には、出発点において多様性を大事にしていたながら、組織を守るために多様性を否定する組織があります。その瞬間にその組織は衰退します。

 自分の願うものを実現してくれる人は、自分と同じことを願う若い人です。そして、その若い人は自分とは違います。違うからいいのです。私と合わない人もいます。大人のルールを破る人もいます。でも、ようは私と繋がらなければいいのです。そして、私と繋がっている人と繋がれば、私はその人とも繋がれる。だから否定しません。

 一番大事なこと、それは「一人も見捨てない」です。

 http://p.tl/usGI

[]広がる 16:54 広がる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 広がる - 西川純のメモ 広がる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 平成10年3月13日に私は最初の単著を出版しようと願い、某大手出版社に検討依頼の手紙を出しました。お返事は丁重なものでしたが、簡単に言えば「売れないのでお断りします」という内容でした。正直落ち込みました。

 その後、原稿は東洋館出版社に拾っていただき、「なぜ理科は難しいと言われるのか?」という形で翌年に出版されることになりました。その後、数多くの 『学び合い』本が出ることになりました。

 それから十数年たちました。最近になって風向きが分かってきたように感じます。それは 『学び合い』の裾野が広がっており、私以外の方の出版の話が出てくるようになりました。とても嬉しい限りです。本日、信州大学の三崎先生が出された「これだけは知っておきたい 『学び合い』の基礎・基本」(学事出版)を手に取ることが出来ました。

 私の出来ることは学術研究です。実践は、実践の方が適任です。しかし、今のところ私が書いているのは、まずは入り口の1年以内のサポートです。私の予想では、その役割は数年で撤退できそうに思えます。

 次の段階は実践の方々が、多様に自身の実践を書いていただければ良いな~と思います。細かいところで私と違っても良いのです。いや、それでなければ意味がない。ただ、「一人も見捨てない」という願いを持ち、それを実現するために、子どもの能力を信じ、学校教育の意味を語るべきだという方向性は一致して欲しいと願っています。