西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/04/18(金)

[]キラーソフト 06:23 キラーソフト - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - キラーソフト - 西川純のメモ キラーソフト - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ゲーム機やコンピュータの世界には「キラーソフト」というソフトがあります。そのソフトで遊びたいため、そのソフトを使いため、そのソフトを動かせる「ハード」を購入する、そんなことをさせるようなソフトをキラーソフトと言います。

 スーパーマリオブラザーズはファミコンを買わせました。テトリスはゲームボーイを買わせました。ファイナルファンタジーVIIはプレステを買わせました。

 『学び合い』に関して言えば、週1の合同『学び合い』がキラーソフトだと思っています。どうも私の宣伝不足が原因かもしれませんが、同志の方はそれが一般化していないようですね。そのため、自分の学校で悶々とされています。

 どう考えたって、今までとは考え方の違う教育を全面的に受け入れる人は多くはありません。多くの方が求めているのは、確実に一定の成果を上げられる自分でも出来る簡単な方法なのです。既に『学び合い』を実践してある程度慣れた方がお一人いれば、全校『学び合い』も簡単にできます。そのことは多くの学校で実践し、その学術データも実践データも分析済みです。そしてノウハウも開発、整理して『学び合い』ジャンプアップにまとめました。

 まずは合同『学び合い』から周りに広げてはいかがでしょうか?その中で、『学び合い』が単なる人間関係づくりのエクササイズではないことを気づく方はおられます。その方が増えれば次のステージに進められます。

 同僚でやってみたいと言う方がおられたらば、週1で一緒にやることを進めます。100%失敗しません。そのうちにもっと知りたいと思うでしょう。そうしたらジャンプアップを勧めて下さい。

 自分一人のクラスで実践しても、教え子を守り切れません。同僚を守れません。そしてその結果として自分や家族を守れません。自分のクラスで解決出来ない問題は学年で、学年で解決出来ない問題は学校で、学校で解決出来ない問題は市や県のレベルで考えないと出口はありません。

 強く申します。合同『学び合い』は単学級の『学び合い』より遙かに安全で確実で簡単です。