西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/04/16(水)

[]欠席した教師 07:22 欠席した教師 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 欠席した教師 - 西川純のメモ 欠席した教師 - 西川純のメモ のブックマークコメント

入学式を欠席した教師に対する意見が分かれているようですね。法的なレベルで言えば、正当に手続きをして、管理職が許可したのであれば法的に問題ありません。また、管理職総合的判断することが認められているのですから法的に問題ありません。

問題は道義的ものです。これは様々な人それぞれの反応が生まれるのは当然でしょうね。でも、ある判断をしたのであれば、それに対する様々な人のリアクションを受けることは甘受するしかありません。そして、説明しなければならないでしょう。

休んだ教師はこれから苦労することが多いかもしれません。でも、我が子の姿を目に焼き付けるメリットと比べてそれを優先させたのだから、当然、受ける苦労は理解していると思います

でも、我が子の入学式に出席するために欠席したとき、他の職員が「いってらっしゃ。我が子の大事な日だからね。楽しんできてね。我々がちゃんとやってやるから安心してね」と言ってくれる職場が望ましいと思います。そんな職場であれば安心して勤められるし、そのような職場を持つ学校の方が良い教育を実現出来ます。それを理解して、保護者も「へ~、入学式なの、それじゃあしょうが無いわね。私だって今日は休暇取ったし」と言ってくれる学校が良い教育が出来る様に思います

良いか悪いか、それは時代によって変わります。昔だったら、我が子のために入学式を休むなんて考えられなかった。でも、この件に関して、これだけ意見分布が分かれ、ネット上で長引いていることは、時代価値観が変わってきているように思います

「親や子ども事故に遭い危篤状態だったとき」、「葬式の時」、「結婚式の時(諸般の事情で、その日以外が不可能だったとき)」、「我が子が誕生するとき・・・、それぞれの時に許されるか否かは人によって、時代によって変わるでしょうね。

苦労した人は二通りに別れます。第一は、私も苦労したんだからあなたも苦労するのは当然と考える人。もう一つは、私が苦労したから、後進には自分の苦労を味合わせたくないと考え、知恵を絞る人。私は後者になりたい。実は、それが年を重ね、老いていく我が身を守る処世訓だと思っています

追伸 上記は一般論です。その先生、その学校のの普段の姿は知らない状態での判断ですので。

karakusa01karakusa012014/04/18 00:18そうあるべきだと思います。僕は積極的に我が子のために年休をとっています。本校はそれが許される学校です。ありがたいです。

jun24kawajun24kawa2014/04/18 04:26それが一般化すると良いですね。